gaYa広告

2014年07月18日

余剰な硫黄。

美容と医学の科学自然犯罪と裁判

BBC Newsは、硫黄は多数の可能性を持っている。
酸を作ることからゴムを堅くすることまで使用する。
しかし、今ちょうど、私たちは、必要とする以上に、ずっとより多く硫黄を持っている。

しかし、ある日、世界に供給することを支援するかもしれないので、それはしがみつく価値がある。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ただし、私は草津で温泉の元を購入し、体中に発疹ができた。

したがって、世界のこの特殊な黄色の鉱物の主な源をその時にあったものに委託して、1911年にアメリカの著者ブーカーTワシントン(Booker T Washington)が、「シシリーの硫黄鉱山は、見解によれば、地獄への最も近いものに関係しているように考えられる。」と書いた。

元奴隷のワシントンは、耐えられない温度の中で重い荷物を運んで、エトナ山(Mount Etna)の斜面で地下10時間のシフトを動かすことを強いられた幼い子どもの苦境で移動させられた。

しかし、元素記号周期表の要素16には、サタンと暗黒街との長い文化的関係がする。

この最も明白な理由は火山と温泉との関係である。
そこでは、硫化水素(hydrogen sulphide)と二酸化硫黄(sulphur dioxide)のガスは地球の火の腸から出現し、硫黄と水を形成するために互いに反応する。

しかし、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの教授アンドレア・セッラ(Prof Andrea Sella of University College London)が、美容師ロンドン・センターのサロン(demonstrates at a hairdressers' salon in central London)で実証することは、硫黄と火山との関連はその悪魔の特性のうちのたった1つであった。

「それは異常で、非常に喚起する匂いにそれに関係している危険な要素です」と彼が髪のロックに火を付けて言った。

悪臭は本当に不愉快です。

髪が硫黄と同じように、マッチ棒で行ったことは、確かにそれを含むことを彼は説明した。

硫黄元素はそれ自身臭いをかがない一方、この二酸化硫黄の芳香は、硫黄が合成する悪臭のうちのたった1つを生産することができる。

硫化水素の存在は、腐敗しているキャベツ、おなら、火山の特殊な「悪い卵」から匂いを産出します。

これらの合成物はしばしば腐食に関係している。
そういうわけで、私たちの鼻は、レベルでいくらか数PPTと同じくらい低く検知して、それらに鋭く順応するために恐らく発展した。

したがって、私たちは火山と悪臭を持っている。

しかし、より多くの物がさらにある。

硫黄は燃える岩で、従ってその古英語名「硫黄(brimstone)」は、燃えている石(burning stone)を意味する。

また、弊害見る日暮れ赤い色を回して、単なる水の沸点より上の115Cで溶ける。

しかし、それをさらに熱する。
そうすれば、それは不思議なタフィー(toffee/転化糖で作る菓子)のような物質になる。

何が起こっているのか?

硫黄原子は、互いにくっつくのが大好きである。

そのよく知られている黄色の固形では、硫黄は、各々8つの原子から構成された輪形の分子を含んでいる。

それが溶けるとともに、それらの分子のドーナツは開くように割れる。
また、より大きな熱で、それらは鋳造の硫黄にその奇妙な可塑性を与えて、さらに長い鎖へリンクし始める。

今ごろはもう、私は、あなたが硫黄の魔性の評判がよく得られることに合意することを望む。

しかし、なぜ人々は、1世紀前にシシリーでそんなものを採掘していたのか?

互いとつながる硫黄原子の準備が非常に有用であることが判明している。

私たちの体で硫黄は、髪と爪を作るのを支援している。硫黄はともに固着させることを支援するケラチン(keratin)と呼ばれるタンパク質の長連鎖である。

人々が彼らの髪をカールするか真っすぐになる場合、硫黄原子は互いから分離され、それらがリセットする前に、髪が作り変えられることを可能にし、適所で一時的に新しい形をロックする。

また、同じ固着させて凝固する特性は、産業で開発されている。

チャールズ・グッドイヤー(Charles Goodyear)は、19世紀に、ゴムの木のgoopy樹液ラテックス(latex)に硫黄を加えることがはるかに堅く、より永続性の材料を作成することを知り、最初のタイヤとインナーチューブを生産するために、彼はそれを使用した。

そのプロセスは、火(また火山/volcanoes)のローマの神バルカン(Vulcan)にちなんで「加硫(vulcanisation)」とあだ名をつけられ、現在もゴムを作るためにまだ使用されている。

それをより弾力があり、もっと抵抗するようにするために、アスファルトで舗装するために硫黄も付け加えることができる。発情期、またコンクリートに同様の役割、および自動車の中で使用される永続性のプラスチックを果たすことができる。

しかし、硫黄の最も大きな現代の使用。そのボリュームの約95%は、ぎょっとするほど腐食する硫酸(the sulphuric acid)H2SO4を作ることである。

最初の酸工場は、18世紀のイギリスの村トゥィックナム(18th Century in the pretty English village of Twickenham)にできていた。

ほぼ300年後の硫酸は、ボリュームによる世界最大の産業用化学製品である。

それは、硫酸ナトリウム(sodium sulphates)は、暖かい水に手際よく溶ける洗剤を製造し、かつセロハン(cellophane)とレーヨン・ファイバー(rayon fibre)へ木製セルローズ(wood cellulose)を処理するのを支援するためにとりわけ使用されている。

しかし、その最も大きな使用は岩を溶かす際である。

炭鉱会社は、銅(copper)、ニッケル(nickel)、バナジウム(vanadium)およびとりわけ燐(phosphorus)のような価値のある鉱物を抽出するために鉱石上への酸を注ぐ。

この方法で、世界の硫黄のおよそ半分は、収穫量を押し上げて、かつ地球を供給するために使用されるリン酸塩肥料(phosphate fertilisers)を作るために入れられる。

どんな強い酸も岩を溶かす。
しかし、硫酸の利点のうちの1つは、その主な要素が豊富で安く、輸送に驚くほど安全であるということになる。

一旦酸がその仕事を済ませたならば、硫黄は副産物塩の中で終了する。

その多くは、特に石膏ボードのような建築資材に入るカルシウム硫酸塩(すなわち石膏)として、使用される。

そのように、硫黄、魔性のと同様に、多くの用途を持っている。
それはやや驚くべきで、カナダの州アルバータのフォートマクマリー(Fort McMurray in the Canadian province of Alberta)のハイウェー63および1の半分時間北の上の運転手に挨拶する光景を作る。

地平線上でぼんやりと現われることは変によろめかせられた壁と共に、いくつかの巨大で、赤く黄色の構造になる。

より綿密な検査において、それらが、建物ではなく、数百万トンの純粋な硫黄の馬鹿でかいブロックであると判明する。

最大の手段は260m×340m、また高さ約20mである。
それをドバイにあるほぼ世界で最も高い超高層ビルのブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)と同じボリュームになる。

つまり、世界で最も高い超高層ビルも大したことではない。

なぜこの有用な要素が、それほど多く、カナダの荒野において使用されていなくあるのか?

その答えは、使用することができるより、私たちがもっとそれを生産しているということである。

誰も、ジャワ人は活火山からまだ硫黄を取るが、いくらかもっと採掘していない。

代わりに、私たちは石油化学工業の副産物としてそれを得ている。

酸性の石油、ガスおよび石炭は硫黄を含んでいる。

それがいつそれを焼くかがそれらの刺激性の二酸化硫黄ガスを生産するので、それは「酸性」と呼ばれている。

また、それらは、結局酸性雨として地球へ落ちる。

つまり、ありがたいものも、多すぎると迷惑と言うことである。

それらのためにまた、思い出すのは、オゾン層の破壊のように酸性雨は初期の環境危機であった。また初期のサクセスストーリー。

1970年代に戻り、これらの硫黄が木を殺しており、彫像を溶かしており、水生生態系を混乱させていたことは明白になった。

したがって、立法は、米国に非常に有効な汚染許可取引システムを含んで、それらの放射を削減するためにその激励されたエネルギー会社に渡された。

1部の解決は硫黄に、より富んだ化石燃料出所を使用することをやめることであった。
それは、イギリスの残りの炭鉱のうちのほとんどを含んでいた。

別の部分は燃焼の前に硫黄を抽出することであっ¥た。

アルバータの硫黄ブロックはカナダの州の油を生産するタールサンドから来た。

また、それらは、数年間既に蓄積している。
硫黄価格は1990年代の終わり以来低下した。

産業雑誌硫黄マガジンのエディターであるリチャード・ハンドズ(Richard Hands, editor of industry tome, Sulphur magazine)が「それらは、北アルバータである市場へそれを経済的に送ることができません。」と説明した。

「したがって、それは、重い大きな硫黄ブロックの中で、そこに数百万トンある。」

中国は、硫黄の処理を考えないで海底の油田を求めるべきではない。
まず、完全に処理ができて、そうすれば、中国国内の石炭だけで多分、世界最大のエネルギー資源国になる。

しかし、それは、世界の他の地域がすぐにアルバータに加わるであろうということでありえる。

炭化水素産業は急速に「甘い」低い硫黄油とガス出所を使い果たしており、したがって、まもなく生産し始めるいくつかのプロジェクトと共に、それらの以前に拒絶された酸性出所に返っている。

「そのうちのほとんどは中東特にアブダビ、さらに中央アジアから来ます」と言っている。

「私たちは硫酸産業の中で使用することができるより、さらに多くの硫黄を生産しており、次の数年にわたって、私たちがちょっとした供給過剰を持つだろうと思われています。私は、私たちが中東で閉鎖するその多くを結局注ぐだろうと想像します。」

また、そこで、私たちが再びそれを必要とするまで、それは座りつづける。しっかりと当分の間、成長するためにセットを見る要素の需要の別の源があるので、農業で。硫酸が生産するのを支援するリン酸塩肥料のように、要素硫黄は、それ自体動植物用の栄養素である。
人間の体の0.25%は硫黄からできている。また、それがちょうどあなたの髪にない。

そして非常に同じ環境規制、それは硫黄を作成し、供給過剰にする、さらに農民が今それを買う必要があることを意味する。

新しい環境循環の必要性は、14〜15世紀に見直した錬金術時代の再来が求められる。
少し前、錬金術時代の再来として印刷が見直され、今また錬金術時代の再来として、化学の時代が来た。

「皮肉に、私たちが今、硫黄を土に加える必要のある理由のうちの1つなので、立法が大気放出でよりきつくしたとして、実際により少ない硫黄が酸性雨を通って土に入っている。」石油大手Anglo-DutchのユニットShell Sulphur Solutionsのマイク・ラムレイ(Mike Lumley)が説明している。

今日の硫黄供給過剰は永久に続かない。

結局、一方のサワー油およびガスは尽きる。
あるいは、世界はそれがクリーナーおよび潜在的に、より安く遠い再生可能エネルギー出所に上方へ変わるとともに材料を掘り出すことをやめる。

その間に、世紀半ばまでに100億に達する世界の人口セットで、収穫量を押し上げる必要は強まる。また、それは、肥料自体として、またリン酸塩肥料を生産することの両方で、硫黄の非常により多くの需要を意味する。
したがって、私の助言は、フォートマクマリーへの飛行機に跳び乗り、それらが続いている一方、それらのカナダの驚異を楽しむことであると言っている。

ジョシュア・ウォード(Joshua Ward)はやぶ医者兼詐欺師であった。

ヨークシャーで生まれて、彼はロンドンへ来て、それらにあった人々のあらゆる病気を直すと偽って「Joshua Ward's drop」と呼ばれる薬を発明した。

「不正行為の有罪判決を下された彼は、ジョージ2世(George II)によって許され、イングランドへ返る前に15年間、フランスへ逃れ、そこにとどまっていた。彼は約1736にトゥィックナムで「素晴らしい硫酸塩工場(great vitriol works)」をセット・アップしました。」
「酸は、一貫生産を許可するために十分に大きな規模の硝石に点火することにより生まれた。したがって、価格はその前のコストのおよそ16分の1に減らされた。」
それは、文字通りに悪臭を引き起こした。」「
「製造される場合、硫黄は非常に不愉快な匂いを作った。また、これは全体の近隣に浸透した。」
そのように得られたローカルの上流階級で、たくさん食べさせられ、それらは、まさに、彼は持っていた。ビジネスを下って接近して、ウェストミンスター・ホール(Westminster Hall)の中で処置を講じた。」「
「彼は自己周知で非常によい巨大な有名人であった。詩人アレクサンダー・ポープ(Alexander Pope)は彼について書いた。また、彼はウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)に埋められました。」
「さらに、彼は、Agostino Carliniによって彫像をひとりでに作った。それは非常によいが、あまりにも虚飾であると考えられたので、僧院に置くことができまなかった。」
- アンソニーBeckles-Willson、トゥィックナム博物館の受託者。

つまり、硫黄から硫酸を作って成功した錬金術師は、やぶ医者兼詐欺師であったが、ウェストミンスター寺院に埋葬された。

ミケランジェロ、ダ・ビンチ、グーテンベルグもやぶ医者兼詐欺師であったのかもしれない。

そう言えば、中世の錬金術では、鉛、スズ、亜鉛、水銀が重要なマテリアルであった。
その後、17世紀になって硫黄、黒鉛、が注目されるようになった。

これらは、詐欺師の大切が貴族を騙す材料であった。

ぜひ、錬金術学は面白いので、勉強して欲しい。

イギリスの村トゥィックナム(English village of Twickenham)のGoogle Earthポインター情報
51°26'40.5"N 0°20'06.9"W
または、
51.444581, -0.335247

カナダの州アルバータのフォートマクマリー(Fort McMurray in the Canadian province of Alberta)のGoogle Earthポインター情報
56°43'35.0"N 111°22'49.2"W
または、
56.726381, -111.380342

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告