2014年04月17日

アメリカ人の3分の1は、技術が彼らの生命を破滅させると考る。

美容と医学の科学未来性とメディア.自然

マザーボード(motherboard)は、すべてのアメリカ人の3分の1は、技術が社会、および彼らの生命に有害な変更に結びつくだろうと新しいPEW研究センター投票(PEW Research Center poll)の結果によれば考えていると報告した。

その投票は、商用無人飛行機および研究所で培養された肉から遺伝子工学、使用人ロボットおよび身体ハッキングまで私たちがマザーボードでここで書く、ほとんどのものについてアメリカ人が実際に考えることへの最良の注視のうちの1つであった。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

正直なために、それは、少し、私たちがそうである。また、その人々は私たちがそうであるのと同じものを怖れるように、この材料の多くに必ずしも、誰もが興奮するとは限らないという落ち着く注意である。

一般に、人々は、技術が私たちの生活をよりよくするだろうと考えている。
しかし、詳細へドリルダウンする場合、異なる画像を得た。

アメリカ人は、喜んでより無人自動車に彼らが乗らないと言う可能性がある。
10人のうちほぼ8人は、それらが研究所で培養された肉を食べないだろうと言った。
また、4分の3は、それらがメモリか、知的能力を改善する脳インプラントを持たないだろうと言った。

回答者の3分の2は、もし個人の無人攻撃機あるいは無人飛行機配達が完全に合法化されればアメリカがより悪いだろうと言った。
3分の2が、高齢者のためのロボット介護人が悪い考えであると言った。
3分の2が、予期される子どものDNAを変更することを親が認められるべきでないと言った。
また、53%は、身体ハッキングが私たちの生命をより悪くするだろうと言った。

その間に、急速に進むテクノロジーがそのようなよい考えかどうかそれらが分からなくても、人々は私たちの技術的能力に関してかなり楽観的である。

50年を見ること、5人のアメリカ人のうち一人は、私たちが天候を完全にコントロールすることができるだろうと思い、アメリカ人の3分の1は、私たちが長期的な宇宙コロニーを持つだろうと思っている。
また、39%は、私たちが物体を念力で動かすことができるだろうと思っている。

アメリカ人の半分は、人間がするようにコンピューターは芸術をかえって都合がよくするだろうと思っている。
また、80%は、その一つの上のよい推測として、私たちが移植のための研究所の注文仕様の器官を育てるだろうと考えている。

ぞっとするほどきれいなので、より若い人々は、人々の生命の方がよいところで、技術進歩が将来に結びつくだろうと言う可能性が、少しもありそうではない。
18-29歳の間の人々の59%は、テクノロジーが彼らの生活をよりよくするだろうと言い、50-64歳の人々と同じパーセンテージであった。

監督者は50の州およびワシントン(DC)すべてで、アメリカ中で1,001人にインタビューした。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。