2014年07月18日

雑誌「TIME」が1969年7月25日を思い出し、その前とその後。

美容と医学の科学.宇宙

米国の雑誌「TIME」は2014年07月18日に、1969年7月25日を思い出し、その前とその後の大きな変化を知るために「Man on the Moon」の表紙を公開した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

戦争がもう6年間だらだら長引きしたら、15,000人を超える追加のアメリカの兵士を殺したと、あなたが知っている場合、全くよくなく感じるベトナム物語の中に戦いに凪の良いニュースとしての話であった。

「ニクソンにヘビーウエイト(Nixon’s heavyweight)」と愛称で呼ばれた人司法長官ジョン・ミッチェル( Attorney General John Mitchell/1913 - 1988)の賛美のプロフィールがあった。
この人はウォーターゲート事件の彼の罪として刑務所で19カ月間収監され、後で収容者番号24171-157(inmate number 24171-157)としてそれほど立派に知られるようになった。

司法長官が収監された。

「それがそうである所で、あなたが方法でそこにいる場合、こちらの方法で働きます。」コンピューター・メインフレームRCAのOctoputerは、マールボロ・ロングホーン100′s( Marlboro Longhorn 100′s)のために、それは「最低に,あなたの食欲調節中枢を返す」ことができるダイエット食物としての砂糖の広告があった。

ヨーロッパ共同市場(uropean Common Market)の話と、それが真実のEU(European Union/欧州連合)にいつか通じるかどうかという問題があった。

彼の大統領の見通しのための丁寧なコード Teddy Kennedy’テディー・ケネディの「全国的な選挙民(nationwide constituency)」に、同じ週、月面着陸として起こったチャパキディック・アクシンデント(Chappaquiddick accident)が、どの影響を持つだろうかに関して、推測があった。

コンピューターの将来「食欲調節中枢」(The folly of “the appestat”)の愚行、ベトナムの血の弧(the bloody arc of Vietnam)、すべて人々への不可知の将来の一部だった。
またその後、今の人々への歴史上のアーカイブ中で、単にラインであった。

しかし、ここに、その人々たちに関するもので、いくつかのものがある。
表紙のニール・アームストロングのその粘着性の宛名ラベルとそのルイ・グラスマン)のアクリル画(Louis Glansman acrylic painting of Neil Armstrongを備えた前にその紙版は、アポロ11乗組員がしていなかったので、利用可能な月面歩行の最良のカラー画像だった。

それらの持って行ったフィルムのロールは、処理のために、まだ研究所へ持っていかれなければならない。
そして、その後、世界へのワイヤーによって手分配されたか送られた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト