2014年07月18日

雑誌「TIME」が1969年7月25日を思い出し、その前とその後。

美容と医学の科学.宇宙

米国の雑誌「TIME」は2014年07月18日に、1969年7月25日を思い出し、その前とその後の大きな変化を知るために「Man on the Moon」の表紙を公開した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

戦争がもう6年間だらだら長引きしたら、15,000人を超える追加のアメリカの兵士を殺したと、あなたが知っている場合、全くよくなく感じるベトナム物語の中に戦いに凪の良いニュースとしての話であった。

「ニクソンにヘビーウエイト(Nixon’s heavyweight)」と愛称で呼ばれた人司法長官ジョン・ミッチェル( Attorney General John Mitchell/1913 - 1988)の賛美のプロフィールがあった。
この人はウォーターゲート事件の彼の罪として刑務所で19カ月間収監され、後で収容者番号24171-157(inmate number 24171-157)としてそれほど立派に知られるようになった。

司法長官が収監された。

「それがそうである所で、あなたが方法でそこにいる場合、こちらの方法で働きます。」コンピューター・メインフレームRCAのOctoputerは、マールボロ・ロングホーン100′s( Marlboro Longhorn 100′s)のために、それは「最低に,あなたの食欲調節中枢を返す」ことができるダイエット食物としての砂糖の広告があった。

ヨーロッパ共同市場(uropean Common Market)の話と、それが真実のEU(European Union/欧州連合)にいつか通じるかどうかという問題があった。

彼の大統領の見通しのための丁寧なコード Teddy Kennedy’テディー・ケネディの「全国的な選挙民(nationwide constituency)」に、同じ週、月面着陸として起こったチャパキディック・アクシンデント(Chappaquiddick accident)が、どの影響を持つだろうかに関して、推測があった。

コンピューターの将来「食欲調節中枢」(The folly of “the appestat”)の愚行、ベトナムの血の弧(the bloody arc of Vietnam)、すべて人々への不可知の将来の一部だった。
またその後、今の人々への歴史上のアーカイブ中で、単にラインであった。

しかし、ここに、その人々たちに関するもので、いくつかのものがある。
表紙のニール・アームストロングのその粘着性の宛名ラベルとそのルイ・グラスマン)のアクリル画(Louis Glansman acrylic painting of Neil Armstrongを備えた前にその紙版は、アポロ11乗組員がしていなかったので、利用可能な月面歩行の最良のカラー画像だった。

それらの持って行ったフィルムのロールは、処理のために、まだ研究所へ持っていかれなければならない。
そして、その後、世界へのワイヤーによって手分配されたか送られた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト