2014年07月18日

現代哲学センターで書かれたものの相関マップ。

ワシントンポスト(Washington Post)は、長くヨーロッパで、アメリカには哲学がないと言われてきたが、現代哲学センター9center of contemporary philosophy)で書かれたものの相関マップとして、哲学で頻繁に引用された作品中の接続の概観を提示し他マップを公開した。

すなわち、2つの哲学的な作品がしばしばともに話される場合、マップの中で接続される。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

データは過去20年間に英語を話す哲学者による報告からである。
しかし、審議中の作品のうちのいくつかははるかに古い。

恐らく、それらは十分でない。
最近の哲学は、アリストテレス(Aristotle)とイマヌエル・カント(Immanuel Kant)を例外として、ちょうど150年以上前に書かれたものすべてに関して大部分は無視されている。
哲学的な討論が何度も円の中で走るように見えて、純粋な進行が非常にまれなので、今日の学者は危険を冒して歴史の誤りを繰り返している。

ドットの色は、形而上学、認識論、意識、政治など多かれ少なかれ、作家のグループがそれぞれ、次のものに関係のあることを哲学のエリアに示している。

この図表は、キーラン・ヒーリーの親切な許可によって使用された。

ただし、哲学という以上、英語に限定した段階で問題であり、言語を限定してはいけないし、さらにラテン語やギリシャ気などの古典語を無視することが許されることは、あり得ないことと言える。

最近の哲学は、アリストテレス(Aristotle)とイマヌエル・カント(Immanuel Kant)を例外として、ちょうど150年以上前に書かれたものすべてに関して大部分は無視されているというのは、言語コンプレックスから来る勉強不足の詭弁である。

その名ことを言うから、米国には哲学がないと言われる。

真実は、哲学が理解できていないのである。


ただし、この表記法は、米国が考え出した新しい哲学の表現法と認める。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。