gaYa広告

2014年07月18日

私の家族は、墜落した飛行機に乗る予定でした。

戦争と平和

BBC Newsは、スコットランドのカップルは、東ウクライナで墜落したマレーシア航空会社の飛行機で飛ぶことを予定していたが、座席にキャンセルがなかったので、その飛行を変更したと、彼らがどのようにして計画していたかについて、アムステルダムのスキポール空港(Amsterdam to Kuala Lumpur)でイッジー・シム(Izzy Sim)がBBC Newsに伝えたと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

ロシアの国境の近くで墜落したアムステルダムからクアラルンプールへ298人を運ぶ飛行機は、「私たちが、その飛行上にあると思われました。」と言っている。

その墜落した飛行機には、9人のイギリス人がが搭乗し、死んだと知らされている。

見たところでは、ボーイング777-200は戦争で混乱した国の上に撃ち落とされた。

アバデンシャーのメトリック(Methlick in Aberdeenshire)からのバリー・シム(Barry Sim)は、マレーシアで暮らすため、彼と、彼の妻、そして赤ちゃんが墜落したマレーシア航空機に乗る予定だったが、座席が1つしか見つからず、代わりに、2人はKLMのフライトを予約した。

墜落したと聞いたとき、バリー・シムは、「胃に穴が空いた病気の感覚を得ます。私たちは蝶を得始めました。心臓の鼓動を感じ始めています。」と言った。

もう一つの事故の危険についての彼の妻の不安にもかかわらず、彼は、人生を続けることについて、カップルがKLM便にしなければならないと思っていたと言って、それは哲学的である。
「心において、フライトに乗る。そして、人生を続けるために哲学的であるように、稲妻は同じ場所で二回決して落ちません。」
「私は、私の妻がそのように感じないことを知っています。恐らく、彼女が今、最後にするべきことは特にクアラルンプールへ飛ぶことです。」と言った。

妻のイッジー・シムは、「我々の世話をしていて、『あなたは、そのフライトに乗ってはいけません』と言っている誰かがいたにちがいありません。」と話している。

「私たちはマレーシア航空会社に非常に忠実です。また、私たちは常にマレーシア航空会社で飛びたい。」
彼女は、夫がKLMと飛ぶのが通常嫌いであると付け加えた。

「しかし、何かを知っています。」
「この瞬間では、そのマレーシア航空会社飛行ではなくそのKLMの飛行上にあって、私たちは非常に嬉しい」と彼女が言った。

これは哲学ではなく、結果を他力として感じるのは宗教である。
哲学と宗教を混同する人が多い。

サッカーで勝ったとき、哲学でかったと言うが、スポーツは練習による動物的感覚での反応の勝負である。
それはもっとも哲学的ではなく、そこに共存するのは宗教的な考えである。

2014-07-17---国際エイズ会議の出席者100人を含む298人、全員死亡。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告