2014年06月20日

武器文化を明らかにした、ウクライナの結婚式。

戦争と平和

BBC Newsは、戦争で混乱した東ウクライナの鉱山都市Horlivkaで、結婚を記念して撮影した若いカップルは、ロシア支持の分離主義者チェックポイントで写真のためにポーズすることにより、地域の銃文化を強調したと報告した。

アレクセイ・シェフチェンコ)Alexei Shevchenko)は、彼の花嫁とそれらの参列者が、ピストル、原子兵器、および分離ドニエツク人民共和国の赤・青および黒旗の前で、花束を持って撮影された。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

シェフチェンコ夫人はソーシャルメディアに写真をポストした、と地方のゴルロフカ(Gorlovka.ua)のWebサイトが言った。

BBCモニタリングのウクライナ・アナリストによれば、結婚式の写真は武器を示す光景で、国の争いに打たれた東の中で撮影された。

ウクライナの支配から逃げたい人達にとって、携帯兵器はその地域において普通になった。
また、多くの人々が結婚のような場合にさえ、銃を保持している。

これが異常なことに、気が付かなくなっている。
まるで映画「俺たちに明日はない。」の現代版である。

雑誌Korrespondentは、新郎アレクセイが分離主義者市民軍リーダーで、4月に辞職する前にHorlivkaの人種として、ロシアの居住者へのゴルロフカを簡潔に実行したとして知られているアレグサンダー・サプノフ(Alexander Sapunov)の友人であると述べています。

彼は、彼と家族が死脅威に直面したとビデオの中で主張して、1カ月前に姿を消した。

伝えられるところによれば、生活は、ロシア支持の市民軍とウクライナ軍の両方が地方を歩き回るHorlivkaにおいて頑丈で、水道設備は信頼性が低い。

若いカップルは、彼らがハネムーンを費やすのをどこで計画するか言っていない。

2012-09-30---「俺たちに明日はない」のギャングが使った銃、US$50万で売れた!
1934-05-23---クライド・バーローとボニー・パーカーが銃弾を浴びて殺された。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト