2014年06月20日

武器文化を明らかにした、ウクライナの結婚式。

戦争と平和

BBC Newsは、戦争で混乱した東ウクライナの鉱山都市Horlivkaで、結婚を記念して撮影した若いカップルは、ロシア支持の分離主義者チェックポイントで写真のためにポーズすることにより、地域の銃文化を強調したと報告した。

アレクセイ・シェフチェンコ)Alexei Shevchenko)は、彼の花嫁とそれらの参列者が、ピストル、原子兵器、および分離ドニエツク人民共和国の赤・青および黒旗の前で、花束を持って撮影された。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

シェフチェンコ夫人はソーシャルメディアに写真をポストした、と地方のゴルロフカ(Gorlovka.ua)のWebサイトが言った。

BBCモニタリングのウクライナ・アナリストによれば、結婚式の写真は武器を示す光景で、国の争いに打たれた東の中で撮影された。

ウクライナの支配から逃げたい人達にとって、携帯兵器はその地域において普通になった。
また、多くの人々が結婚のような場合にさえ、銃を保持している。

これが異常なことに、気が付かなくなっている。
まるで映画「俺たちに明日はない。」の現代版である。

雑誌Korrespondentは、新郎アレクセイが分離主義者市民軍リーダーで、4月に辞職する前にHorlivkaの人種として、ロシアの居住者へのゴルロフカを簡潔に実行したとして知られているアレグサンダー・サプノフ(Alexander Sapunov)の友人であると述べています。

彼は、彼と家族が死脅威に直面したとビデオの中で主張して、1カ月前に姿を消した。

伝えられるところによれば、生活は、ロシア支持の市民軍とウクライナ軍の両方が地方を歩き回るHorlivkaにおいて頑丈で、水道設備は信頼性が低い。

若いカップルは、彼らがハネムーンを費やすのをどこで計画するか言っていない。

2012-09-30---「俺たちに明日はない」のギャングが使った銃、US$50万で売れた!
1934-05-23---クライド・バーローとボニー・パーカーが銃弾を浴びて殺された。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト