on-the-time.jp

2014年06月20日

米国は、衰退するミツバチの特別対策本部を設立。

自然

BBC Newsは2014年06月20日に、ホワイトハウス(White House)がミツバチの衰退に取り組むために特別対策本部を設立したと報告した。

EPA(Environmental Protection Agency環境保護局)および農業部(agriculture department)は新しいミツバチ生息地のために努力を結集する。
それはUS$800万の予算を含んでいる。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

ハチの個体数は、遺伝的多様性、ある殺虫剤への露出および他の要因の損失の責任にされた傾向として、この前の冬から23%の低下を見た。

アメリカ人の食物の4分の1は授粉に依存し、りんご、ニンジンおよびアボカドを含めて、食べている。

ホワイトハウスによれば、ミツバチは値にUS$150億以上を米国農作物に加えた。

ハチの個体数の下落も、自然な飼料および不適当な食事、ダニ感染症および疾病の損失の責任にされている。

巣箱のハチの迅速で、予期しなく、破滅的な損害があるCCD(colony collapse disorder/蜂群崩壊症候群)と呼ばれる状態で増加がさらにあった。

しかし、他の北アメリカの授粉者は、オオカバマダラのように、同様にそれらの数で減少を見た。

いくつかの環境運動グループは、ハチ死にリンクされた殺虫剤のクラスneonicotinoidsに対するとるアクションを含めて、より直接作用しないことことで大統領を非難した。

「安全であると決意するまで、政府は、これらの有毒殺虫剤のリリースおよび使用を防ぐに違いありません」と大地の友社長エリック・パイカ(Friends of the Earth president Erich Pica)がロイターに伝えた。

金曜日に発表された計画でオバマ大統領は、政府全体に渡る特別対策本部にハチと戦うために6カ月以内に戦略を開発させるようにEPAおよび農業部に命令した。
また、他の授粉者は減った。

さらに、ミツバチの個体数用の新しい生息地を設立する、5つの州ミシガン(Michigan)、ミネソタ(Minnesota)、ノースダコタ(North Dakota)、サウスダコタ(South Dakota)およびウィスコンシン(Wisconsin)の農民および大農場経営者のための資金調達が金曜日に、発表された。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告