2014年06月20日

中国は、「革命観光旅行」と「日本との戦争観光旅行」に大金を投入。

観光

BBC Newsは、中国の政府は、共産革命と日本との戦いにリンクされた観光地の開発に金銭を注ぎ込んでいると報告した。

様々な州部は、道を建造するために48億元(US$7億7000万)の合計を既に割り付けた.

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

記念すべき場所、そして「赤い観光旅行」を促進するために、また、「ゲリラとして観光客サンプル生活をさせる」北山西省には文化的テーマパークがあると、新華社通信は報告している。

サンセイのWuxiang郡は1937年と1945年の間に革命的な8番目ルート・アーミー(Eighth Route Army)を主催した、その中に、将来の中国のリーダー鄧小平(邓小平/Deng Xiaoping/1904 - 1997)が居た。
また、200万人の観光客が史跡を訪れるために昨年、地域へ集まった。

「現在、中国に赤い観光旅行の先例がない機会があります。」と観光旅行職員王树茂(Wang Shumao)は、プロジェクトが今国家的発展計画の一部だったと言っている

つまり、国内向け国民洗脳ツアーだろう。

見たところでは、3000万人が4月の休日に墓を訪れ、赤い観光旅行アトラクションで彼らの敬意を払ったと言う新華社が伝え、中国には革命的な時代の歴史に対する大きな欲求があると言っている。

状態は2000億元(US$310億)産業であると予想され、教育の様相を促進することをまた切望している。

「それは、私たちがこれらの兵士の努力を評価し、それらから学習する場合に、腐敗を縮小するのを支援するかもしれません」と王树茂が言った。

中国の国民洗脳主義が、さらに金を生む!
不思議な国家である。
いつか、大問題になることだろう。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。