on-the-time.jp

2014年06月20日

中国は、「革命観光旅行」と「日本との戦争観光旅行」に大金を投入。

観光

BBC Newsは、中国の政府は、共産革命と日本との戦いにリンクされた観光地の開発に金銭を注ぎ込んでいると報告した。

様々な州部は、道を建造するために48億元(US$7億7000万)の合計を既に割り付けた.

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

記念すべき場所、そして「赤い観光旅行」を促進するために、また、「ゲリラとして観光客サンプル生活をさせる」北山西省には文化的テーマパークがあると、新華社通信は報告している。

サンセイのWuxiang郡は1937年と1945年の間に革命的な8番目ルート・アーミー(Eighth Route Army)を主催した、その中に、将来の中国のリーダー鄧小平(邓小平/Deng Xiaoping/1904 - 1997)が居た。
また、200万人の観光客が史跡を訪れるために昨年、地域へ集まった。

「現在、中国に赤い観光旅行の先例がない機会があります。」と観光旅行職員王树茂(Wang Shumao)は、プロジェクトが今国家的発展計画の一部だったと言っている

つまり、国内向け国民洗脳ツアーだろう。

見たところでは、3000万人が4月の休日に墓を訪れ、赤い観光旅行アトラクションで彼らの敬意を払ったと言う新華社が伝え、中国には革命的な時代の歴史に対する大きな欲求があると言っている。

状態は2000億元(US$310億)産業であると予想され、教育の様相を促進することをまた切望している。

「それは、私たちがこれらの兵士の努力を評価し、それらから学習する場合に、腐敗を縮小するのを支援するかもしれません」と王树茂が言った。

中国の国民洗脳主義が、さらに金を生む!
不思議な国家である。
いつか、大問題になることだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告