gaYa広告

2014年06月20日

#BringBackOurGirlsに続いて、イスラエルの#BringBackOurBoysは注目されるか!?

BBC Newsは、1か月前に、米国ファースト・レディーであるミッシェル・オバマ9US First Lady Michelle Obama)はナイジェリアで女子生徒のリターンを要求して、非常に共有される写真を記入した。

彼女の高音#BringBackOurGirlsは、世界最大のソーシャル・メディア・キャンペーンのうちの1つの頂点に来た。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

イスラエルのソーシャルメディアも今、3人のイスラエルの学生のために同じことをするという要求がある。

ハッシュタグ#BringBackOurBoysは、占領されたウエストバンクのユダヤ人の神学校からの学生3人のイスラエルのティーンエイジャーが、行方不明になったこの前の木曜日以来ずっと127,000回使用されている。

イスラエル政府当局は、彼らが誘拐されたと信じてい。

学友のグループによって始められたイスラエルのキャンペーンは、彼らが注意を物語にもたらしたいと決定した。

主催者のうちの1人ケレン・バー(Keren Bar)によれば、ハッシュタグの目標は世界の注意を何かにもたらすことでした、イスラエルの人々は単に、にそれに関して話している。

「私たちは組織ではありません」と彼女が言った。

「私たちは単に学生のグループです。私たちは各々、私たちが彼らの支援を示す人々からの何百ものメッセージを受け取るので、ソーシャルメディアをカバーするために変更を行います。」
最近の日のケニア人およびロシアの運動家のように、関係のあるナイジェリア人によって始められたハッシュタグ・フォーマットで、それらは「私たちの戻す」について、意識的にコピーしている。

「状況にかかわらず、それらは誘拐されました。」と法廷弁護士が言った。

「私は挫折します。イスラエルの外の人々はこの物語を聞いていません。」

しかし、ソーシャルメディア上のパレスチナの運動家は、問題をとても違った風に見た。

それらは速く移動し、彼らが何と言ったか強調する拘留された子どもあるいは死んだ子どもの写真を公表するためにそれを使用することによるハッシュタグが元あった「ハイジャック」で非難された。
イスラエルの政府当局によるパレスチナの子どもおよび若い人々の処理における相違である。

パレスチナのブログ作成者は例えば、ぴいぴいとさえずりました:
「Who will bring u back #AhmadAlSabarin 20 y/o …」を戻すだろうかは、ラマラの近くの衝突中に殺した。
兵士が日曜夜に戸別の捜索を行なった後、それは噴出した。

ADC(American-Arab Anti-Discrimination Committee/アメリカのアラビア人の反差別委員会)のメディア関係専門家アマニ・アル=カータツベー(Amani Al-Khatahtbeh)は、パレスチナ人の苦境を強調するためにハッシュタグを使用したと、BBCに伝えた。向かうこと、ADCは、同じハッシュタグを使用することを決定した「私たち、さらに、人々を望む、そのアクセス#BringBackOurBoysは、さらにパレスチナの子どもに関して学習する、行方不明のイスラエル人に関して学習したいこと、それはイスラエルの軍隊によって誘拐されており、拘束され、殺された。

パレスチナの運動家によるハッシュタグの使用は、それを全体的に向かわせる彼らの努力を更新するためにそれを始めた、若いイスラエル人を刺激した。

「ハッシュタグは盗まれました。」
「私たちはハッシュタグを戻したかった。」と法廷弁護士が言った。

同じハッシュタグでも、立場によって、まったく違って利用される。

ナイジェリアで女子生徒の場合とは違って、さらに複雑になった。

2014-05-10---ミッシェル・オバマは「憤慨!」
2014-05-09---ナイジェリアの誘拐で、自称の正義の味方米国が専門家チームを送った。
2014-05-09---誤伝!この子はナイジェリアではなく、誘拐もされていなかった!
2014-05-08---真実の男は、少女を買わない!私たちの少女を返してくれ!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する外部のサイト