gaYa広告

2014年06月20日

ハーレー・ダビッドソンに、電気エンジンは必要か!?

スポーツ

BBCNewsは2011年03月31日に、BBCのモーター作家イェルン・マドスリン(Jorn Madslien)はロールスロイス社外の一般人として世界で初めて新作のロールス・ロイスの電気自動車を試乗した一人になった。そのときの疑問が、ロールス・ロイスの電気自動車は、必要か!?であった。

そしてBBCNewsと米国の雑誌「TIME」、モーターバイクのアイコン・メーカーであるハーレー・ダビッドソン(Harley-Davidson)はその最初の電気的なオートバイを明らかにしたと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

バイクは一般に売りに出されない、会社はその代わりに、それに乗り、かつフィードバックを行なうために米国から顧客を選ぶと言っている。

プロジェクトLiveWireと呼ばれバイクは、今から今年の年末の間の30台を超えるハーレー・ダビッドソン販売権を訪れる米国のルート66(US's Route 66)を下って移動する。

ファンはバイクに対して複合反応を持っていた。

「プロジェクトLiveWireは最初のエレキギターにむしろ似て、電気自動車ではない。」と、ハーレー・ダビッドソン・モーター社の上級副社長マーク=ハンス・リッチャー(Mark-Hans Richer, senior vice president at Harley-Davidson Motor Company)は言った。

「それが偶然ちょうど電気的であるということは特性とアイコン・スタイルの表現です。プロジェクトLiveWireは、会社とブランドとしての私たちのための大胆なステートメントです。」

請求を必要とする前に、バイクは、130マイル行くことができ、乗り手に92mph(148km/h)の最高速度を提供する。

充電は30分間から1時間くらいになる。

イギリスのハーレー・ダビッドソン・ライダー・クラブからの最初のフィードバックは、皮肉の程度を示唆した。

デイブ・スコット(Dave Scott)は、
「それはokと見ます。しかし、私は、その中の実際のエンジンを必要としましょう。」

それがどれくらい安全だろうかメンバーのダズリン(Dazzlin)が尋ねた一方、
「電気バイクについては、それは外観はよく見えます。しかし、私は、暗黙のバイクは私たちの常に、ますます忙しい路上の災害のレシピであると思うものを支援することができません。」

会社によってリリースされた難問ビデオで、オートバイは、ほとんど雑音のないルート66を押し下げるのを見られた。

特注の電動補助動力自転車は多いにポピュラーになっている。

カーディフ・ビジネススクールの自動車産業研究グループの共同管理者教授ピーター・ウェルズ(Prof Peter Wells, co-director of the automotive industry research group at Cardiff Business School)によれば、中国では、毎年2500万台が売られる。

彼が、電気的なハーレーの市場は、より多くの「スキ間」になるでしょう。しかし、会社が時流に飛び乗っていることは驚きませんと言った。

「自動車製造業者がそのように行かなければならないように、私たちはゼロ排出都市およびモーターバイク・メーカーに近づいています。」
「理想的な世界で、私は、彼らがそれに行くより速く、さらに行ってほしいと期待します。」と彼が言った。

ただし、ハーレー・ダビッドソンの独特のエンジン音「どっ、どっ、どっ」が消えて、ハーレー・ダビッドソンと言う名前を残すより、まったく別のメーカーにすべきだろう。

録音テープが必要かもしれない。

2011-03-31---ロールス・ロイスの電気自動車は、必要か!?

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。