gaYa広告

6月21日

犬の肉を食う日。

美容と医学の科学

中国の南東部の都市楡林市(China’s southeastern Yulin city)では06月21日に、中国の太陰暦上のその年で最長の日「節氣(Xiàzhì)」を祝って犬肉フェスティバルが開催される。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

それは1990年代以来の、ローカルの伝統として開催されている。

非人道的なものとして、動物愛護活動家は大声でフェスティバルを非難している。しかし、ほとんど一考されない。それに関して、食べる人は、なぜ、これら、犬、およびなぜそれらがその不賛成が不可解であると分かる。

犬は最も成功裡に飼育された種かもしれない。しかし、中国の長い歴史以上、それらはつい最近まで、北京の帝国の以外においては、ペットとして、もっぱら王族のために維持された。

犬を「人の親友」および仲間と見なす西洋人と異なり、中国の人々は、食べる人々愛を食べられるこのに加えて、単にかつて番犬または猟犬として飼っていた。

中国の犬のイメージは長い間不利であった。

多くの諺およびイディオムが含めて、犬に関係して、続く不良仲間について記述するために「ブタと犬は友達である。」
「人のように服を着せられ、しかし犬のように作用することで社交上の礼儀の不足を示すために、また無情で、恩知らずの人々について記述するとき、オオカミの中心および犬の肺。」と記述する。
犬は、雌牛のように、働き食べられるためにいた。
したがって、多くの中国人のために、犬をこと食べるが、どこにも調子が悪くない。
それは、春秋時代(BC約722年〜481年)に最初に記録された。

犬肉は、広東省(Guangdong)、広西チワン族自治区(Guangxi)、湖南省(Hunan)および浙江省(Zhejiang)のような地方の珍味とまだ見なされている。

それらが鶏、魚、牛肉あるいは子羊を行うように、犬肉好きな肉と見ている。

それは特に夏に、身体を強く師、夏ばて防止になると一般に考えられている。

しかし、より多くのように、中国のペットとして犬を飼うことに決め、それらを食べる考えにもっと反対します。

犬を食べたことで人々を非難し、動物を食用で非食用ののカテゴリーに分類することが偽善であると言う人もいる。

イスラム教徒は、豚肉を食べることを承諾しがたいと考える。
その一方ですべての生き物が魂を持っていると彼らが信じるので、仏教徒は、どんな動物も食べることは残酷であると分かっている。

どの動物を食べなければならないかに関して普遍的に容認された線を引くのは難しいかもしれない。

しかし、広大に様々な肉が既にある場合、恐らく、犬をたべることをやめる時期である。

恐らく、犬肉恋人に対するそれほど耳ざわりでない調子をとり、食事ではなく仲間に会うためにそれらを教育する時間である。

ただし、第2次世界大戦後、日本でも赤犬は旨いと言って,食っていた。

中国の広西(Guangxi)省チワン族自治区玉林(Yulin)のGoogle Earthポインター情報
22°38'11.0"N 110°09'53.1"E
または、
22.636378, 110.164756

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。