gaYa広告

2014年05月27日

MH370捜査で,海底データは、火星より250倍悪く、お粗末と判明!

BBC Newsは、科学者は、公に利用可能なマレーシア航空会社フライトMH370の探索で大洋深度データ(水深測量術)をすべて集めさせる決定を歓迎した。

60,000平方kmの海底の精密測定は失われたジェットの捜索で洗練するのを支援することを保証されることになっている。

地球の海洋底の深さおよび形は、非常に貧弱に知られている。

海底地形についての結果として生じる我々の知識は、火星の地形学より垂直で250倍悪く、水平で15倍悪いことが明らかになった。

これでは,飛行機など見つかるわけがなかった。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

指導的研究者は、MH370例が他のところに世界で多くのよりよいデータを集める拍車をかけるべきであると言った。

その探索は、オーストラリアの西のベッド地形学についての高解像度不足によって妨げられた。

これは、航空機のコックピット音声およびフライト・データ・レコーダーの可能なソナー検知を調査する自律の潜水艦によってなされた、まさにその最初の潜水で明白であった。

4,500mのその動作限界を超過した真中に遭遇したので、それは、使命を切り上げることを強いられた。

そこは、7,800mを超過する場所が考えられた。

ATSB(Australian Transportation Safety Board/オーストラリア輸送安全委員会)の役人は、タスマニア・サイズの南インド洋エリアがMBES(multibeam echo sounders/多重ビーム音響測深器)を使用して、今、十分な調査に従うだろうと今週言った。

中国の海軍船竺可楨(竺可桢/Zhu Kezhen)は既にプロジェクトに取りかかった。

それは6月に商船によって3カ月必要な作業へとつながった。

ウォルター・スミス(Walter Smith)博士とカレン・マーク(Karen Marks)博士は、EOSトランザクションの週刊誌AGU(American Geophysical Union/アメリカ地球物理学連合)のための記事で地域の水深測量術のデータの欠乏を評価した。

彼らは、探索船が可能なブラックボックス検知をした場所に接近して2つのpublicallyにアクセス可能なデータ収集出撃だけが導かれたと言った。そして「両方の遠征が現代の多重ビーム音響測深器の使用に先立って生じた。したがって、深さ測定は単一によって集められた。広いビームの音響測深器は、アナログ紙スクロールに記録した、デジタル化でしばしば何百mのエラーになる。」
現在のMBESは、正確に特別の位置に測定を結び付けるためにGPSを使用する。

設備はできるだけではなく、センス深さ、2エラー%で典型的に非常な正確さ、しかしさらに柔軟な沈殿物の残骸を捜すことにおいて重要なものは、海底の困難についての情報を返すことができる 。

広大な地域のちょうど5%、探索地点を含んでいる2,000km×1,400kmは、直接の深さ測定、スミスおよびマークのどんな種類も持っていると言った。

残りの95%は、衛星データの書き入れである地図によってカバーされる。

これらには20kmだけの解像度がある。

火星の乾燥した表面の地図の方が相当によい。

「MH370探索エリアの海底についての知識の状態は、貧弱であるが、特に南半球で、地球の海洋のうちのほとんどで、それが典型的である。」と2人が書いている。

「多くの遠隔の海盆では、海洋の系統的な調査が1970年代の初めに終わったように見えるので、大多数の利用可能なデータはこよなく航海されたアナログ測定である。海洋底を去ることに関して、州間高速自動車道システムがアメリカをカバーするとともに、希薄にカバーされた。」
「これらの希薄な水深が衛星高度測定によって挿入される場合、海底地形についての結果として生じる我々の知識は、火星の地形学の知識より、垂直で250倍悪く、水平で15倍悪い。」
スミスとマークは、今、MH370の捜索で行なわれている詳細な調査作業が地球の他の部分のよりよいデータを集める触媒になることを望んでいる。

高解像度水深測量術には無数の用途がある。

「海洋底についてのよりよい知識は、魚生息地についてのよりよい知識を意味します。」
「これは海洋保護にとって重要で、私たちが生物学の資源が新薬を含んでいるのを見つけるのを助けることができました。」とスミス博士がBBCニュースに伝えた。

「それは、海底の鉱物資源可能性を評価する、よりよい能力も意味します。また、それは、海洋の混乱および混合を引き起こす、流れの障害についてのよりよい知識を意味します。」
「私たちは、将来の気候のよいモデルを作るためにこの混合および循環情報を必要とします。これらのものはすべて海底の地形学を知ることに依存します。」

MH370の捜索についての情報をすべて流布するJACC(The Australian Joint Agency Coordination Centre/オーストラリア共同機関コーディネーション・センター)は、MBES調査データが公に利用可能だろうということを確認した。

「MH370の捜索の間に集められた水深測量術データは、オーストラリアの政府の特性になるでしょう。」
「そのデータの重要性を認識して、それはオーストラリア・国際的なデータベースによって公に利用可能になるでしょう」とがBBCに伝えました。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。