on-the-time.jp

2014年04月21日

米国のティーンエイジャーは、飛行機の車輪収納部で5時間飛んでいた。

BBC Newsは、16歳の少年は、カリフォルニアからハワイへ5時間のフライトで、車輪収納部に隠されて異常な旅行をして、生還したと報告した。

ハワイアン航空(Hawaiian Airlines)のスポークスマンは、航空会社スタッフが日曜の朝に土地の飛行機の後にいた少年に気づいたと言った。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

彼はFBIによって疑問視され、医学の検査を与えられたが、安定した状態にあると言われていた。

少年は家出したと報告され、飛行機に到着するためにサンホセ空港9San Jose airport)にフェンスを飛び越えた。

「私たちの主要な事柄は、この人が生還したことは例外的に幸運で、今少年)の安寧向けていす。」とハワイアン航空のスポークスウーマンが言った。

「子供が生きていることは幸運です。」とFBIスポークスマンのトム・サイモン(Tom Simon)がAP通信社に伝えた。

車輪収納部から下降して跳ばれたティーンエイジャーは、飛行機がマウイ(Maui)に到着し、空港グラウンドの近くで回り始めた時だった、とサイモンは言った。

彼が降りた時彼のただ一つの所有は彼の髪のための櫛であった。

飛行機が12,000m(39,000フィート)に上昇したとともに、彼は、酸素の不足と凍る温度を生き残った。

サイモンは、少年がほとんどの旅行中は無意識だったと言った。

記録が1947年に始まったので、約100人の車輪収納部密航者がフライトを板で囲うことを試みたと考えられ、その四分の三は死亡した。

2013-06-11---ミステリー、ロンドンに空から落ちてきた人。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。