2014年04月21日

米国のティーンエイジャーは、飛行機の車輪収納部で5時間飛んでいた。

BBC Newsは、16歳の少年は、カリフォルニアからハワイへ5時間のフライトで、車輪収納部に隠されて異常な旅行をして、生還したと報告した。

ハワイアン航空(Hawaiian Airlines)のスポークスマンは、航空会社スタッフが日曜の朝に土地の飛行機の後にいた少年に気づいたと言った。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

彼はFBIによって疑問視され、医学の検査を与えられたが、安定した状態にあると言われていた。

少年は家出したと報告され、飛行機に到着するためにサンホセ空港9San Jose airport)にフェンスを飛び越えた。

「私たちの主要な事柄は、この人が生還したことは例外的に幸運で、今少年)の安寧向けていす。」とハワイアン航空のスポークスウーマンが言った。

「子供が生きていることは幸運です。」とFBIスポークスマンのトム・サイモン(Tom Simon)がAP通信社に伝えた。

車輪収納部から下降して跳ばれたティーンエイジャーは、飛行機がマウイ(Maui)に到着し、空港グラウンドの近くで回り始めた時だった、とサイモンは言った。

彼が降りた時彼のただ一つの所有は彼の髪のための櫛であった。

飛行機が12,000m(39,000フィート)に上昇したとともに、彼は、酸素の不足と凍る温度を生き残った。

サイモンは、少年がほとんどの旅行中は無意識だったと言った。

記録が1947年に始まったので、約100人の車輪収納部密航者がフライトを板で囲うことを試みたと考えられ、その四分の三は死亡した。

2013-06-11---ミステリー、ロンドンに空から落ちてきた人。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。