gaYa広告

2014年04月21日

猫は一体全体どう思っているのか?

美容と医学の科学

Slate.comは、「私たちは1つの研究を上に行いました。また(猫)にとって、それは十分でした!」
それらの言葉は、ネコの心を理解する探究を有効に終了した。

犬について、市民に手紙を書くことへの数か月で、ペットが動物と人の間のラインをどのようにぼかしているか調査することで猫と犬とが、私たちとの発展する関係について、ペット知能の章の準備をしていた。

犬に関して書かれたことで、多くのことを知っていた。
また、猫に関する少なくとも1握りの研究があるに違いないと考えていた。

しかし数週間の科学界を調査した後に、誰か、猫がどのように考えるかを研究したので残されたのは、世界のトップの動物認識エキスパートのうちの1人、ハンガリーの科学者Ádám Miklósiのステートメントだけであったと報告している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

私たちは犬の認識の黄金時代に生きている。

世界中のほぼ1ダースの研究所は犬心を検討し、過去の十年間科学者の中でトピックに関する何百もの記事を公表した。

研究者は、ファイドー(Fido)が何百もの言葉を学習することができアブストラクト考えができ、以前ユニークに人間であると思われた心に関するいわゆる理論で、他のものが思っていることを直観で知る基本的な能力を所有することを示した。

Ádám Miklósiは、犬の心で彼自身全教科書を書いた上で、また、彼は愛猫家であった。

犬、象、チンパンジーおよび他の創造物の心を検討した、ほぼすべての動物認識のエキスパートと連絡をとった後、猫に関する研究を行った1人の名前を与えられた。

彼の名前はクリスチャン・アグリロ(Christian Agrillo)であった。
また、彼はイタリアのパドバ大学の相対的心理学者(comparative psychologist at the University of Padova in Italy)であった。

彼のWebサイトを見た時、間違った奴がいると思った。

彼の作品の多くは魚であった。

しかし、彼に話しかけた時、彼は、ネコ科の動物に関する研究をしたことを確認した。

その後、彼は笑った。

「私は、猫より魚で働くほうが簡単であるとあなたに保証することができます。」と彼が言った。

「それは信じられません。」
クリスチャン・アグリロは、数の能力と呼ばれるものを研究している。

それは本質的に少量とより大きなものを区別する能力である。

彼の研究所が使用するテストはかなり単純であった。

研究者は、どこにも興味を感じさせないことに結びつく空のプレートあるいはドアのような不適当なオブジェクト(undesirable object)に関して、食物のプレート、あるいは友達に結びつくドアのような望ましいオブジェクト(desirable object)に関する黒い3ドットおよび2ドットを置きます。

その後、クリスチャン・アグリロと同僚は、多数の試みに関して、動物が2つの量を識別することができるかどうか確かめるように見えた。

彼のチームは魚に加えて、猿、鳥すべてで実験した、どれも、かなり協力的であった。

しかし、猫の実験を試みた時、彼は実際に降参した。

つまり、猫だけは動物実験の対象にはならなかった。

だから、猫に関する動物実験が、ほとんど見つからないのは、それが理由であったと報告している。

1998年には、Ádám Miklósiとデューク大学の生物学での人類学者ブライアン・ヘーラー(Duke University biological anthropologist Brian Hare)が、犬が人間指示を理解する場合があることを独立して示した。

両方の研究所は、ボランティアがもてなしを含んでいる2個のカップのうちの1個を指した時、犬が正確なカップにほとんど常に出かけたことを実証する実験を行なった。

それは単純なテストに見えるかもしれないが、最も親しい親類のチンパンジーは悲惨に失敗した。
それらはボランティアを無視し、任意にカップを取り、偶然上にめったに得点しない。

では、猫は々だったか?
学習して、Ádám Miklósiは驚きいた、ネコ科の動物を備えた指すテストをさらに行なった。

クリスチャン・アグリロのように彼が代わりにそれらの家へ行った研究所ように、猫を彼のものに協力させることで困難を経験していた。

そのときでさえ、ほとんどの動物は科学を進めることに興味を持たなかった。
Ádám Miklósiの研究報告によれば、最初の26匹の被験者のうちの7匹は「途中でやめました。」
しかし、犬と同様にほとんど行なわれて参加したものもいた。

また、猫は、心に関する基本的な理論を持っているかもしれないということが現われた。

しかし、Ádám Miklósiが研究を1ステップさらにとった時、彼は猫と犬の間の興味をそそる違いを見つけた。

今回は、彼と同僚は2つの難問を作成した。
解決可能な1、不可能な他方。

解決可能な難問では、研究者はボウルに食物を置き、腰かけの下でそれを突き刺した。

犬と猫はボウルを見つけ、食べるためにそれを引き抜かなければなりませんでした。

両方はテストに対してエースを決めた。

その後、科学者は試験を装備した。

それらは、再びボウルを腰かけの下に置きました。
しかし、今回は、それを引き抜くことができないように、それらは腰かけ脚にそれを結び付けた。

犬は数秒のボウルで足先でかき、次に、あたかも支援を求めるかのようにそれらの所有者を見つめて降参した。

猫は、めったに他方では、所有者を見なかった。
それらは、ちょうど食品を得ようとし続けた。

それらがタスクがいつ不可能か理解するのには十分に賢くないので、猫が犬より馬鹿(dumber)であると結論を下す前に、これを考慮してください(今):
犬は、猫より30,000年〜-20,000年も長い間、私たちと一緒に住んでいる。

惑星上の他の動物以上に、犬は「人間のラジオ、私たちの感情と要望の周波数放送。」にダイヤルを合わせられる。

確かに、私たちにとって、ただ一つのステーション犬かもしれない。

他方で猫は、犬と同様に指すテストもにも合格するために。私たちを合わせることができる。
しかし、犬が行うように、それらは私たちのすべての言葉に依存しているとは限らないということである。

それらは、ダイヤル上の他のチャンネルをサーフィンしている。

また、それは結局それらを研究することを非常に困難にするものである。

猫は、どんな所有者も知っているとともに、高度に知的生物である。

しかし、科学的に、それらの心は永久にブラックボックスかもしれない。

それにもかかわらず、希望があるかもしれない。

科学者が視標追跡技術知能からfMRIまで対象動物への新しい道で実験し始めるとともに、機械はそれらで、まだネコの心の内部をそっと眺く道を見つけるかもしれない。

ブライアン・ヘーラーは一つのために、楽観的であった。

世界の犬の認識の主要なエキスパートのうちの1人だが、彼は研究者が猫を次に研究し始めれば驚かないだろうと言った。

「1998年の前に、誰も、犬は見る価値があり今、それらが私たちにどれくらい示したかを見る、と思いませんでした」と彼は伝えた。

「私は、猫が、次のフロンティアになるだろうと思います。」
「ネコの心はブラックボックスかもしれません。しかし、それは調査する価値がある箱です。」と言っている。

ただし、ノイローゼになるかもしれない。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。