2014年04月21日

日本の3月の貿易赤字4倍。

BBC Newsは、遅くなった輸出成長とエネルギー輸入デ2014年03月に日本の貿易赤字は4倍になり、上昇し続けたと報告した。

弱い邦貨はさらにますます広がるギャップに寄付されて、輸入品のコストを押し上げた。

赤字は、1年前の同じ月中の3,569億円から上昇して1兆4,500億円(US$140億)まで上昇した。

それが2011年に地震と津波の後にその原子炉をすべて閉じた後、日本のエネルギー輸入は上昇している。

最新の貿易データによれば、LPG(Liquefied Petroleum Gas/液化石油ガス)の輸入品は、昨年、同じ月と比較して、3月に8%以上上昇した。

その間に、LNG(Liquefied Natural Gas/液化天然ガス)の輸入品は、ほぼ4%上昇しました。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

また、国の通貨供給量への巨大な押し上げを含む経済成長に拍車をかけることを目指した一連の侵略主義の動きが、円を急激に弱めた後、日本はそれらの輸入品にもっと払わなければなっている。

邦貨は、2013年03月から2014年03月の間のUS$に対して今年ほぼ10%落ちた。

最新の数字は、LPG輸入品は3月にボリュームの中で8.1%上昇したが、それらの輸入品の値が18%以上上昇したことを示した。

同様に、LNG輸入品のボリュームは、ほぼ4%上昇した。
その一方でそれらの出荷の値は14%急上昇した。

日本の全面的な輸入品は、輸出品が1.8%の年率で上昇した一方、1年前と比較して、3月に18.1%上昇した。

何人かのアナリストは、その月に輸入品を押し上げることに、日本の最近の消費税の引き上げがさらに役割を果たすことを示唆した。

さらに消費税として知られている売上税の上昇は4月1日に有効になった。

売上税は5%から8%に増加された。
また、それは2015年10月に、10%まで、再び上昇する予定にしている。

アナリストは、それらが一旦それがインプリメントされたなら、上昇する価格に先立つ品物を買うように見えたので、ハイキングが3月に日本人消費者の間の需要増を見たと言った。

Capital Economicsの日本経済学者マルセル・ティーリアント(Marcel Thieliant, Japan economist)は、前方に「消費者は今月の消費税の引き上げの結果として支出中の制御にありそうです。それは輸入需要を縮小するべきです。」と言った。

日本がその原子炉のうちのいくつかを再開することを期待しているという成長している推測がさらにあった。

それが起こる場合、そのような動きはその貿易赤字と同様にそのエネルギー輸入も縮小するのを支援する。

「貿易赤字は、第2四半期に狭い、まさに内需は突っ込む準備ができている時、それはGDP成長にある支援をする。」と、マルセル・ティーリアントは言った。

つまり、原子力発電所の再開が、大きな鍵になると予測している。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト