gaYa広告

2014年04月21日

中国は、1936年に賃貸された2隻の船に対する補償で、日本の船を差し押えた。

BBCNewsは、中国の戦前の負債に関する日本の貨物船の差し押えは、商売上のつながりを打つかもしれない、と日本のトップの政府報道官が警告したと報告した。

上海海事裁判所(Shanghai Maritime Court)は土曜日に、MOL(商船三井/Mitsui OSK Lines)によって所有された船舶バオスティール・エモーション(Baosteel Emotion)を差し押えたと言った。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この船は、中国の鉄鋼メーカー向けの専用船で、オーストラリアから中国に鉄鉱石を運ぶのに使われていた。

それは、1936年に賃貸された2隻の中国の船に対する未払いの補償に、その差し押えが関係があったと言った。

賃貸された2隻の中国の船は、その後日本の軍隊によって使用され、海上で沈んだ、と日本の共同通信が言った。

「日本政府は、非常に遺憾なこの会社の船の突然の差し押えを考慮します。」
「これは、一般に、中国で働く日本のビジネスに有害な効果があるでしょう。」と内閣官房長官菅義偉が2014年04月21日月曜日に言った。

第二次世界大戦中の事件が1988年に上海裁判所で再開された後、共同通信によって識別された船会社の所有者Zhongwei Shippingが、補償を求めた、と中国のGlobal Timesが言った。

裁判所は2007年に、商船三井は、2隻の船に対する補償として1億9000万元(US$3050万/当時のレートで約29億円)を払わなければならなかったと規定された。「大同海運」に2隻を1年間貸す契約を締結し、賃貸されたが、日中戦争が本格化した1937年、2隻は旧日本軍に徴用され、最終的に船は沈没し、その会社は後に、商船三井の一部になったと、Global Timesと共同通信は言った。

三井は決定に対して上告したが、2010年に中国最高人民法院が商船三井の再審請求を棄却し、2012年に判決が確定した、と共同通信が言った。

共同通信は、これが日本の会社がはじめて戦争をリンクした補償として没収されることであるように見えたと言った。

その差し押えは、両方が要求する東シナ海島をめぐる対立の中に厳しく緊張した東京と北京、ならびに轟音の歴史上の問題の間の結束に付属する。

今年の初めに、中国の裁判所は、初めて第2次世界大戦中に強制労働に関する日本の会社から補償を求める中国の市民によって起こされた訴訟を受理した。

日本は、結束が正常化された時、戦争に関連する補償の問題が2つの側の間で1972年の協定によって解決されたと常に考えてきた。

しかし、今、初めて、中国の裁判所はその合意を無視した。
また、中国政府は、フルサポートを与えるように見える、とBBCのルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ(Rupert Wingfield-Hayes)が東京で言った。

それは、中国と日本の最低値関係がたった今どのように沈んだかの別のサインである、とBBCの特派員が付け加えた。

月曜日に、その間に、安倍晋三日本国首相は、春祭をマークするために靖国神社へ儀式提供を送った。

靖国は、日本の戦死者の魂が戦犯を含めて安置される場所である。
また、それは隣人に日本の過去の軍国主義のシンボルと見なされている。

日本の大臣が神社を訪れた後、中国は土曜日に日本を抗議を提出した。

2014-03-10---2013年の刑事裁判で、有罪率が99.93%の中国に、裁判が必要か?

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。