gaYa広告

2014年04月17日

なんと1922年、世界で最初の携帯電話のビデオを発見!

Cellular-Newsは、研究者がなんと1922年にトライアルされたモバイル電話と音楽技術のフィルムを発掘したと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

1973年04月03日にモトローラの総支配人マーチン・クーパー(Martin Cooper)はニューヨーク市で、ライバルのAT&Tが開発した最初の携帯電話を「レンガ・サイズの携帯電話(cell phone the size of a brick)」と言った。

今回のビデオで面白いのは、消火栓にケーブルをつなぐところである。

さらに音楽をリクエストして、聞いている。

ただし、無線電話であれば、かなり前からあった。

また、テレビ戦争映画『コンバット」では大きな無線機をかついで、受話器で戦況を報告している。

1973-04-03---AT&Tが開発した携帯電話を「レンガ・サイズの携帯電話」と言った。
1983-04-14---最初の携帯電話「DynaTAC 8000x」のデモをした。
1983-04-14---イギリスで最初の携帯電話を販売した。
1985-01-01---イギリスで最初の携帯電話が始まった。
1987-11-18---広州市で携帯電話が開通した。
1946-06-17---セントルイスで実験的な無線電話機サービスを開始した。
1935-03-12---日本とヨーロッパの無線電話開通。
1929-12-08---商業海陸連絡用電話サービスを開始した。
1920-07-16---世界初の公衆無線電話機サービスが公開された。
1915-10-21---世界で初めて無線電話アーリントンからパリへの会話を実現した。
1908-05-27---日本初の無線電話局が、丹後丸との間で最初の無線交信をした。
1908-05-16---日本初の無線電話局が開設された。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告