gaYa広告

2014年04月17日

インドネシアは、14歳の雄のオランウータンを救おうとしている。

美容と医学の科学自然

米国の雑誌「TIME」は、オランウータンの生息地と生活はプランテーションと密漁者を育てることにより脅かされていると報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

このオランウータンは、霊長動物生息地がヤシ油プランテーションに変換されている土地により縮んでいるLangkat地区の近くで、2014年04月15日に彼の体の中の空気ハンマー金属小球を撃たれ、悪化する危機的な密猟の犠牲として救出された。

インドネシア山林学人員省(Indonesia’s ministry of forestry personnel)と、オランウータン・インフォメーション・センター(Orangutan Information Center)は、絶滅しそうなオランウータンのために、ヤシ油プランテーション、密漁者およびペット所有者から何百もを危険から救った。

200以上は荒野へ再導入した。

スマトラ島のオランウータン保存プログラム・センターの獣医職員は、北方スマトラ島で、2014年04月16日に、Sibolangit地区で、彼の体に埋め込まれていた空気ハンマー金属小球が見つかった14歳の雄のオランウータンの健康診断を行ないっていると報告した。

いつも写真で見てきたが、大人の人と、このように比較したら、14歳の雄のオランウータンが、こんなに大きいとは知らなかった。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト