2014年04月17日

カンボジアのカジノ・ブーム。

BBC Newsは、アジア全体で、カジノ建築ブームがある。
また、そのもっと極端なのがカンボジアで起こっていると報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

ベトナムとの国境Bavetからエド・バトラーの報告によれば、一連のカジノは、今もっぱらベトナムの賭博者の要求に応自邸ると言っている。

彼らはその腕に運に任せてやってみると、カンボジアへやってくるる強い誘因を与えられている。
毎日,何100人もが国境を越えてくる。

しかし、それらは金融的、個人的な危険を理解ているのか?

BBC Newsの特派員は、ギャンブル中毒による監禁むち打ちなど、厳しい現実を聞いている。

カンボジアでもっとも大きなカジノは,プノンペンにある「NagaWorld」で,カジノはカンボジアに、25もあると言っている。

そう言えば,5年以上前に,カンボジアでカジノが乱立していると聞いた。

NagaWorldのGoogle Earthポインター情報
11°33'20.8"N 104°56'12.2"E
または、
11.555781, 104.936728

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告