gaYa広告

2014年04月17日

新種の毒蛇は,チョモランマで見つかった。

新華社は、中国の科学者は、西洋でエベレスト山(Mount Everest)として知られている、チョモランマ(Mount Qomolangma)で、科学研究として野生生物上で1970年代以来最大の新しい1種の褐色を帯びたクサリヘビ(brownish pit viper)を発したと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

2012年に南部チベット自治区の基隆ヴァリー(Jilong Valley in southern Tibet)で最初に発見された。調査チームの共同チーフのフー・フイジャン(Hu Huijian)は、Protobothrops Himalayanusが、遺伝子分析で、新しいヘビ類であることを示した、と木曜日に新華社に伝えた。

新しい種名は、そのホームであるヒマラヤ山脈(Himalayas)に敬意を表して指定された、とフーが言った。

(国際的な権威のある学術誌「Asian Herpetological Research(アジアの爬虫類学のリサーチ」)で公表された発見は、チベットの生物多様性のより多くの証拠である、と彼が付け加えた。

現在、7種類のProtobothropsが中国に居住すると知られており、それらのうちの多数が高い高台で山エリアを好み、有効な12種が知られている。

(Photo Caption: Protobothrops himalayanus sp. nov., ZSI 25990 (paratype),an adult male from Chungthang, northern Sikkim, India. Photo by Basundhara CHETTRI.)

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。