2014年04月03日

世界記録の試んだベテラン・スカイダイバーが、落ちて死んだ。

CNNは2014年04月04日に、アリゾナで222人ジャンプに参加していたドイツ人の彼女スカイダイバーは、主傘が誤動作して2014年04月03日木曜日死んだ、と職員が言ったと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

エロア(Eloy)の警察は、46歳であったベルリン在住のダイアナ・パリ(Diana Paris)が木曜の朝死んだと言った。

ジャンプの組織した世界チーム・グループ「a highly skilled international team of skydivers and support personnel」のブログ・ポストによれば、パリは、1つのジャンプの構成から別の構成に変わるほとんどのスカイダイバーのために世界記録の試みに参加していた。

彼女の主傘は、蓄えシュートが働くための地上で限界より低くリリースされすぎた、とグループのFacebookページで言った。

グループは、人身災害がグループのサイズと関係がなく、他のスカイダイバーが深く関わり合っていなかった、と言った。

パリは1,500回のジャンプを超える経験を持っていた、と彼女の夫が警察に伝えた。

世界チームは221人試みを代わりに行うことを予定している。

グループのブログについてのステートメントで、「私たちのいとしい友達は交代することができないし、交代しないでしょう。」
「グループはスカイダイバーの名誉において開いたスロットを保持し続けるでしょう」と、それが記録の試み、継続する困難な決定だったと付け加えて言った。

Diana Parisを検索すると、パリで死亡したダイアナ妃の情報が登場する。
何となく、不吉を間いる。

エロア(Eloy)のGoogle Earthポインター情報
32°45'21.2"N 111°33'17.4"W
または、
32.755897, -111.554844

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。