2014年04月02日

現代のライオンの起源が遺伝子分析で明らかになった。

美容と医学の科学

BBC Newsは、現代のライオンと博物館の標本を遺伝子分析することによって、現代のライオンの最も最近の共通祖先が124,000年前ごろに生きていたことを確認したと報告した。

現代のライオンは2つのグループから発展した。
1つは東・南アフリカの生息で、他方は中央と西アフリカ、インドのライオンを含んでいた。

この第2のグループは、現代のライオンの遺伝的多様性の半分が消滅の危険性にさらされていることを意味している。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ライオンの保存を援助できる発見物の詳細はジャーナルBMC進化生物学(BMC Evolutionary Biology)で公表された。

Revealing the maternal demographic history of Panthera leo using ancient DNA and a spatially explicit genealogical analysis
Ross Barnett19*,
Nobuyuki Yamaguchi2,
Beth Shapiro3,
Simon YW Ho4,
Ian Barnes5,
Richard Sabin6,
Lars Werdelin7,
Jacques Cuisin8
Greger Larson1

BMC Evolutionary Biology 2014, 14:70
doi:10.1186/1471-2148-14-70

ライオンの歴史を解くことは困難であっ¥た。

熱帯地域に住んでいる動物は、より少数の化石化された残りを後に残す傾向がある。

ライオンも人間の活動によって徹底的に破壊されて、近況中に全種で悩まされた。

化石記録、およびライオンの分配で、そのようなギャップは、それらの過去を改造することを困難にしている。

したがって、科学者の国際的なチームは、世界中の収集および博物館の中に保持されたライオン標本内の古代のDNAになった。

イギリスのダーラム大学のロス・バーネット博士(Dr Ross Barnett of Durham University)が率いたチームは、北アフリカで絶滅したバーバリー・ライオン(Barbary lion of North Africa)、絶滅したイランのライオン(Iranian lion)、および中央および西アフリカからのライオンなど異なる亜種から含む、博物館に保持された標本からのミトコンドリアDNAを順番に並べた。

研究者は、これらをアジアと、アフリカの他の数箇所で住んでいる他のライオンから取り出された遺伝子配列と比較し、次に、ライオンの異なる亜種がどのように発展するか気づいた。

研究は次のことを明らかにしました、今日固執するライオンの一種類Panthera leoは、最初の初期研究の結論を支援して、アフリカ東の南部に現われた。

124,000年前ごろに、遅い更新世では、異なる亜種が発展し始めた。

その時間のまわりで、赤道アフリカを横切って拡張した熱帯雨林およびサハラ地域は、サバンナへ変わった。

大陸の南および東に住んでいるライオンは、分離されるようになり、それらが西と北に住んで、分岐し始めた。

ライオンのこれらの2つのグループ間の遺伝の違いは、現在も残っている。

51,000年前ごろに、大陸は乾いた。
また、サハラは、北のものから西のライオンを離れて、拡大しました。

同時に、西のライオンは範囲を中央アフリカへと広げた。
それはより居住可能になった。

その時以来、ナイル川とニジェールを含むアフリカの大河は、これらのライオンを別々に生息することを支援した。

別の詳細のみ、標本での古代のDNAに関する研究によって明らかにされた、現代のライオンがちょうど21,000年前にアフリカからの流出を始めたということである。

さらに、新世のもの終わりに、ライオンはインドまで結局達して、北アフリカを去った。

はるかに遅く、ちょうど5,000年前ごろに、ライオンの別のグループは中東で、現在にイランでに達して、大陸を去った。
これらのライオンは、現在消滅した。

これらの発見は現代のライオンの保存にとって重要な意味合いを持つかもしれない。

400頭未満のアジアのライオン(P. leo persica)が、自然保護のための国際労働組合によって危険にさらされるようにリストされた亜種と共にインドのカチアワル半島に住んで生き残った。

バーネット博士は、「例えば、アフリカ・ライオンよりインドのライオンと実際により密接な関係がある西アフリカおよび中央アフリカのライオンの個体数は、ソマリアあるいはボツワナで徹底的に過去数十年間で減っている。」と、BBC Natureに伝えた。

それらの間の大きな地理的な距離にもかかわらず、これらのライオンは、さらにイランのライオンおよび北アフリカのバーバリー・ライオン(Barbary lion)に密接に関連づけられたように見えた。

バーネット博士が「私は、北アフリカからの絶滅したバーバリー・ライオンと、インドで残存するアジア・ライオンの信じられないほどに密接な関係に驚きました。」と言った。

バーバリー・ライオンは、その印象的な外観およびその運命に関する不確実性の両方によりすべての大きな捕食動物の中で最も不可解なもののうちの1つである。

一度、北アフリカを横切って多数のバーバリー・ライオンは、アフリカとアジアのどこか他のところに生きているものを含んで、最も物理的に特殊なタイプのライオンであった。

それは広範囲なたてがみを持っていた。
また、その頭の形の差はもっととがっている王冠および狭い鼻口部を含んでいた。

一方の違いが本当だったかどうかは不明瞭だが、その時の人々はさらに他のライオンへの異なる色がつけられた目と共に、より大きいと、それについて話した。

それは、どこかにバーバリー・ライオンが現在も存在しているが、不確かなままである。
また、保護論者は亜種を生き返らせると提案しました。

情況証拠は、モロッコの王室によって保持されたコレクションの一部として、束縛でいくらかが残存したかもしれないことを示唆した。

しかし、バーネット博士のチームによる、従来の研究では、真実のバーバリー・ライオンが実際に生存していなかったことを示唆した。

そうならば、また、消滅したバーバリー・ライオンは、その後、最近の研究で、北アフリカに最も良く、緊密にライオンを戻す方法として、それらの生息地へインドのライオンを再導入することができるかもしれないことを示唆した。

「これは、北アフリカへライオンを再導入する任意の将来の試みについて影響を及ぼします。」とバーネット博士が言った。

「恐らくインドのライオンで、再度それらを再生することができるかもしれない。」
アフリカのライオンの約3分の1は、過去20年で消えたと考えられている。

特に重要なこととして、バーネット博士と、その同僚は、約400-800頭の西のライオンと900頭が生息する、中央アフリカ共和国のライオンは、野生の中で消滅に接近しているかもしれないということである。

比較的、保存用動物園内に保持されるこれらの亜種のライオンはほとんどいない。

「あなたはそのときライオン多様性を2本の別個の枝と見なすならば、ライオンが生息している地方は、東部・南アフリカで、多様性の全体で半分だけを反映する。」バーネット博士は言いました。

「他方の半分は多様性によってインド、西アフリカおよび中央アフリカで表わされます。」
「万一西部と中央アフリカ共和国の住民の個体数がいなくなったら、その全体の枝は単に小さなインドのライオンの個体数の中で残存するだけでしょう。」と言っている。

私は以前からMammals of Africaと言う本で、アフリカ・ライオン(または、マサイ・ライノン/Masai Lion)と、今までに見たことがないたてがみが長いバーバリー・ライオン(Barbary lion)を知っていた。

そして、もっとも愛すべきアジア・ライオンを知っていたが、なんと、DNAではバーバリー・ライオンとアジア・ライオンが似ていて、さらにすでに消滅したペルシャ・ライオンが、ペルシャポリスに描かれ、イラクのライオンという意味である古代都市バビロンであったことが、判った。

また、虎と戦う可能性があったのは、これらであった。

2013-11-13---世界最古の大きな猫科の化石がチベットで見つかった。
2013-04-15---インドの最高裁判所は、アジア・ライオン引っ越し保護命令!
2012-12-04---アフリカで百獣の王ライオンの数が減っている。
2007-04-09---アジア・ライオン、全滅の危機。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。