2014年03月21日

ラーマーヤナのマヌスクリプトをデジタル化!

BBC Newsは、偉大なヒンズーの叙事詩「ラーマーヤナ(Ramayana)」の驚くべきマヌスクリプトが、150年ぶりに初めて大英図書館(British Library)によって集められると報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この絵画の右上セクションでは、主な主唱者ラーマ(Rama)は、彼が王として彼を継ぐだろうと彼の父親によって伝えられる。

17世紀マヌスクリプトは19世紀前半に、イギリスとインドの間で分離していて、大英図書館とムンバイのCSMVS博物館によってデジタル形式で再び結合した。

ここで、彼の継母が彼女の息子にを代わりに載せさせるために介在した後、ラーマは彼の妻と兄弟の追放に向かう。

その絵画はそれらの大旅行の様々な段階で文字を特色として、様々な場面を示している。

ここで、彼らが森林で歩き回るとともに、亡命者はキャンプをする。

ラーマは山をカバーする開花木および植物で岩と驚異の上に置かれる。

メワール・ラーマーヤナ(Mewar Ramayana)の1,200ページの原稿は1人の書記によって書かれた。
しかし、さらに多くのアーティストが参加した。

アヨージャ(Ayodhya)の王国に戻り、ラーマのサンダルは王座に置かれた。

彼の異父兄弟バーラータ(Bharata)は、偉大な神ヴィシヌ(Vishnu)の実現であるラーマに返るように説得しようとした。

彼は14年間追放の中に言葉によって、とどまらざるをえずに拒絶した。

それは、ラジャスタン(Rajasthan)のロイヤル・コート用として17世紀に生産されて、ラーマーヤナの最も重要で最も美しいバージョンのうちの1つと考えられている。

このイメージでは、ラーマの妻シーター(Sita)が悪魔王によって誘拐された後、兄弟は、猿王の支援を求める。

ラーマは、猿王クグリバ(Sugriva)に関係する戦いで、彼の弓によって介在する。
同盟が接合された。

マヌスクリプトの一部は19世紀前半にラジャスタンで贈り物としてイギリスの政府関係者に提示された。

ここで、クグリバは、誘拐されたシーターを捜す捜索隊の中への彼の力を分割した。

ラーマは、遠征を南ヘ導く、尊重されたキャプテンのハヌマン(Hanuman)に印として彼の指輪を与える。

ハヌマンはランカ(Lanka)の島でシーターを見つける。
なおここで、彼女は悪魔保護者に囲まれる。

シーターは、ラーマ自身にそのような功績のための栄光を定めていなければならないとともに、彼が彼女を救うのを認めることができないと言った。

しかし、彼女はラーマのための印として宝石を渡す。

ハヌマンは悪魔との強力な戦いで負傷し捕らえられる。

彼は創造者神ブラフマン(Brahma)の介在の後にだけ参る。

ハヌマンは、彼がその悪魔王ラバナ(Ravana)に会いたいので、従うことを決定する。

ラーマは、彼の兄弟ラスマナ(Laksmana)とランカに対する攻撃のための猿軍隊のうちの1つと進む。

悪魔王ラバナが彼の拠点を持つところで、それらは北のゲートを攻撃する。

ラスマナは続いて起こる激しい戦いで悪魔王によって槍で突かれる。

ラバナは、束縛を回避し、悪魔の領域の多くの破壊を引き起こした後にラーマに戻ったハヌマンから猛烈な攻撃の後に結局張り倒される。

左側においては、落ちたラスマナが、位置される‥‥彼の兄弟の足。

たくさんの悪魔‥‥彼に戦いに参加させるためにラバナの兄弟で巨大なクンブハカルナ(Kumbhakarna)を起こすことを試みる。

万一、彼が起きれば、たくさんの食物と死んでいる動物は彼が食べるために置かれる。

しかし、彼は眠って、ほとんどの彼の生活を過ごしてたたられた。

ラーマはサラヤ川の岸(banks of the river Sarayu)に成功した行列の中に着く。

彼は水域に入り、スグリバ(Sugriva)、彼の兄弟、猿、熊および他の人間が伴って、天へ上昇する。

それらはラーマと天の領域へ上昇する。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト