gaYa広告

3月24日

大脱走記念日。

1944年03月24日から25日に掛けて、ドイツ捕虜キャンプ捕虜収容所Luft IIIからの有名な映画にもなった「大脱走(The Great Escape)」を記念する日。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

2014年03月24日に、生存者、家族およびイギリスとポーランドの役人は脱走プロットの70年後にジャガニ(Zagan)で集まった。

キャンプから脱出した人々のうち、3だけが安全に逃げ切った。
また、奪還された73人のうち、50人は銃殺された。

式はそれらの名誉の中に保持された記憶の最初の行為であった。

戦争捕虜キャンプの少数の生存者は彼らの敬意を払った人々の一人であった。

約50人のRAFのサービスマンが、処刑された50人の囚人の墓にそれらがリースを置くポズナニの墓地に向かって4日間今行進する。

RAFの航空副元帥スチュアート・アサ(RAF's Air Vice-Marshal Stuart Atha)は、大脱走が「大きな勇気特質の人によって書かれた」連合空軍の歴史の「異常な章」であるとそれらが推測すると伝えた。

逃げた人々は「その勇気、創意および弾力のある精神がすべての時に例を示す飛行家の例外的なバンドだった。」と、彼は付け加えた。

「最初に捕らえられた時、それらについては、戦争が終わったと受け入れませんでした。」
「それから遠くに、彼らは捕虜ではありませんでした。彼らは戦争中の囚人であった。」
「また、それらの活動によって、それらは、転じた別の正面および薄められた敵力を開き、フェンスなし、捕虜収容所Luft(Stalag Luft)なしが、連合した飛行家を牽制することができないことを実証しました。」
ポーランド駐在のイギリス大使のロビン・バーネット(British ambassador to Poland Robin Barnett)と元捕虜チャールズ・クラーク(former prisoner of war Charles Clarke)と、話しかけた。

自由に対する大胆な企ては1963年に、スティーブ・マックィーン(Steve McQueen)、シェームズ・ガーナー(James Garner)およびリチャード・アッテンボロー(Richard Attenborough)が主演して、「大脱走(The Great Escape)」を撮影し、不朽古典になった。

ベルリンかた100マイル南東だったポーランドの国境上の捕虜収容所Luft III(Stalag Luft III)は、その占有の最高時に約10,000人の囚人を拘留した。

RAF(Royal Air Force/イギリス空軍)、米国空軍(US Air Force)と他の連合軍のメンバーは、キャンプの囚人であった。

国境変更のために、キャンプのロケーションは今、ポーランドにある。

脱走委員会は、1943年春、および飛行中隊長ロジャー・ブッシェル(Squadron Leader Roger Bushell)のリーダーシップの下で孵化された脱走計画がキャンプで組織された。

トム(Tom)、ディック(Dick)、ハリー(Harry)とコード名をつけられた3本のトンネルが、1943年4月に堀始められた。

トンネルは30フィートの深さに掘られ、囚人のベッドから木板で支えられた。

1944年3月24日の夜に、約200人の囚人が、ハリーによって逃げる準備をした。重さ300フィート以上であるトンネル、長い、小屋104の下に。

76だけがトンネルを使用して、自由のためにそれらの破損を作ることができました。

Bergslandおよびジェンズ・ミュラーについてノルウェーのパイロットおよびオランダのパイロット、ブラフマン・バンder Stok(この人はすべて1990年代に死んだ)は、安全性までたどりつきました。

奪還された73人人のうち、50は、アドルフ・ヒトラーの命令中のゲシュタポによって続いて放たれました。

トンネルは30フィートの深さに掘られ、囚人のベッドから木板で支えられました。

1944年3月24日の夜に、約200人の囚人が、小屋104の下に長さ300フィート以上であるヘビーなトンネルハリーによって逃げる準備をした。

76だけが、そのトンネルを使用して、自由のために逃げるることができた。

ノルウェーのパイロットであるペアー・ベルグスランド(Per Bergslandおよびジェンズ・ミュラー(Jens Muller)、1990年代に死去したオランダのパイロット、ブラフマン・バン・デル・ストック(Dutch pilot Bram van der Stok)は、安全に逃げ切った。

奪還された73人のうち、50人は、アドルフ・ヒトラーの命令によりゲシュタポ(Gestapo on Adolf Hitler's orders)によって銃殺された。

立案者ロジャー・ブッシェルに関する本を書いたタイムズ・ジャーナリスト、サイモン・ピアソン(Times journalist Simon Pearson)は、BBCのラジオ4の番組で、36時間後に脱走のことをドイツ最高指揮権に伝えられたと述べた。

「ヒトラーは激怒が飛びました。」と彼が言った。

「彼は、奪還された人々のすべてが銃殺することを必要とした。しかし、彼は、ゲーリング(Goering)とヒムラー(Himmler)に後で国際的な抗議を縮小しようと強情に努めて、代わりに50に説得されました。」
「50は、SSによって任意に選択されました。」
記念祭のためにジャガニにいたイギリスの退役軍人アンドリュー・ワイズマン(Andrew Wiseman)は、大きな回避の直後の捕虜収容所Luft IIIに囚人として到着した。

「私がキャンプに着いた時、不信で、キャンプは衝撃の状態でした。」
「大脱走と50人の銃殺まで、RAFの捕虜は、ドイツ人によって合理的に優遇された。」
「しかし、大脱走の後、私たちとドイツ人の関係は変わりました。」
「キャンプは、ドイツ人が50人まで銃殺を行ったことを信じることができませんでした。また、恐怖、ほとんど、そして多くの悲嘆、衝撃がありました。」と、彼は伝えた。

デイリーテレグラフ(Daily Telegraph)によれば、76人の脱走者の中で、最後のイギリスの生存者94歳のディック・チャーチル(Dick Churchill)である。

彼と脱走者仲間オーストラリアのポール・ロイル(Australian Paul Royle)が唯一の生存者である、とそれが伝えている。

チェコスロバキアの方へ逃げた後に小屋に隠れている間に、捕らえられたと言うチャーチルは、彼が銃殺されていないことが幸運であるとレポートに伝えた。

「私は、それは私の名前だったと思います。私はかなり確かです。」
「私は知っている限りではチャーチルと関係がありません。しかし、彼らは、私はそうかもしれないと思いました。」と言っている。

The Great Escape(大脱走)のデータ

Prisoners of war at Stalag Luft III in Zagan, Poland.
Stalag Luft III opened in spring 1942.
Air forces personnel only.
At maximum it held 10,000 PoWs, covered 59 acres, with five miles of perimeter fencing.
Wooden Horse escape on the night of 29/30 October 1943.
Great Escape on 24-25 March 1944.
Of three tunnels, only one, Harry, completed.
Harry was 336 ft (102m) long, 28ft (8.5m) deep.

1944-03-24---ドイツ捕虜キャンプ捕虜収容所Luft IIIからの大脱走。

1944-03-24

ジャガニ(Zagan)のドイツ捕虜キャンプ捕虜収容所Luft IIIGoogle Earthポインター情報
51°35'55.8"N 15°18'36.0"E
または、
51.598836, 15.310008

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト