2014年03月21日

フランシス法王、マフィアに地獄へ行くと攻撃!

BBC Newsは、フランシス法王(Pope Francis)は、もし後悔しないで、悪いことを行うことをやめなければ、地獄へ行くだろうとギャングに警告して、マフィアに対する攻撃を始めたと報告した。

「血まみれの金銭、血まみれの権力は、あなたと次の生活にもたらすことができません。」
「後悔してください」と彼は言った。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

彼は、マフィアによって殺されたものの親類のために徹夜の祈りで話した。

ポープは、腐敗の弊害に関して頻繁に自由に発言しており、彼がブエノスアイレス(Buenos Aires)の大僧正だった2005年に、それを主題上にした小冊子を書いた。

「リベラ(Libera)」と呼ばれる市民グループによって組織されたローマの近くの会合で2014年03月21日金曜日に、よいカトリック教徒であることを主張するマフィア上司との歴史的なつながりを拒絶して、組織犯罪にローマカトリック教会の反対を実証することを目指した。

その徹夜は、その家族と家族が死んだ人々を含むマフィアの手で苦しんだ人々で満たされた。

BBCのアラン・ジョンストン(Alan Johnston)はローマから、殺害されたものの名前が読み取られるとともに、教皇は深くて、薄暗い考えにおいて言った。

テロリストに拘束され、爆弾を身体に撒かれたアラン・ジョンストンが報告すると迫力がある。

徹夜で842人と結束を表現した後に、彼は出席していないマフィア暴力の人々に、
「主唱者。」
「今送るこの生活はあなたに楽しみを与えないだろう。
「それはあなたに喜びまたは幸福を与えないだろう」と彼が話しかけたと言った。

「地獄の中で終了しないために時間まだある。それはこのパスを継続すれば、あなたを待つものである。」
我々の特派員は、マフィアに耐えたイタリアの勇敢な聖職者の長いリストがあると言う。
また、何人かは生命で払った。

しかし、彼は、ギャングに直面するために十分に行わなかったことでより広い教会が非難されたと言った。

反マフィア活動家は、教皇の言葉h、彼がそれらの側にいるという合図であることを望んでいる。

悪いことをしている金の亡者のような政治家、大学教授、評論家は、地獄へ行く!¥

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト