on-the-time.jp

3月23日

OK Day

「OK」は1839年03月23日土曜日に、当時、米国内で最も人気が高かった新聞の1つ、「ボストン・モーニング・ポスト(The Boston Morning Post)」の紙面2ページ目に初めて登場した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

もともとは、「all correct」の意味で、それの発音がOLL Korrectなどとなり、綴りを変化させたOLE Kurreckになった。

また、この言葉は、アメリカの民主党の政党の支持者の間に、1840年に全国的な名声を達成していると思われている。
1840年の米国大統領選挙には、民主党の大統領候補オールド·キンダーフック(Old Kinderhook)のニックネームとして、「OK」が使われ、彼のオランダの名前より、判りやすかったと言っている。

「OK」の歴史や意味に関する研究の権威で、米国イリノイ(Illinois)州の大学で英語学教授を務める、アラン・メトカーフ(Allan Metcalf)はAFPに対し、「OKは祝辞や祝賀パレードで褒めたたえられるべきだと思いますよ!」と語った。

「でも、とりあえずは、(175周年を記念して)あなたが何をしてもOK」だと語った。

2001年に出版した著書、「OK: The Improbable Story of America's Greatest Word(米国の最も偉大な言葉に関する信じられない話)」でメトカーフ教授は、「OK」を地球上で最も頻繁に話される(またはタイプで入力される)言葉で、その使用頻度は「コーク(Coke)」や幼児語の「ママ(ma)」よりも高いと述べている。

簡明で実用的なこの言葉は、その簡潔さにおいて典型的な米語であり、語源学上、ラテン語やギリシャ語など、いずれの古代語とも直接的な関連性はないと言っている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。