2014年03月21日

トルコの大統領、Twitterを禁止。

BBC Newsは、トルコのアブドラ・ギュル大統領(President Abdullah Gul)はレジェプ・タイップ・エルドアン首相( Prime Minister Recep Tayyip Erdogan)の後にトルコでTwitterの禁止に挑戦したと報告した。

トルコのTwitterユーザーは、サイトが木曜日に閉鎖されたと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

しかし、他の多くのもののように、ギュル大統領は、Twitterに投稿するために禁止を回避し,「シャット・ダウンは承諾しがたかった。』と言った。

エルドアン首相は、彼の側近グループ中の腐敗の主張を広げるために、人々がTwitterを使用したことに腹を立てている。

「私は、国際社会がいったい何と言うか注意しません。誰でも、トルコ共和国の力を見るでしょう」とエルドアン首相は木曜日にスピーチの中で言った。

「技術的に可能でない。」もしそれらが個人のプライバシーを破ったことを裁判所が知れば、Webサイトが単に閉鎖されるだろうと言うために、アブドラ・ギュル大統領は金曜日にサイトに逃げた。

彼は、「世界中で使われるプラットフォームへのアクセスを完全に技術的に妨害することはできなかった。』と言った。
彼の決定が「長く続かない」ことを望んだためと、付け加えられた。

EU(European Union/欧州連合)は、ステファン・フエレ(Stefan Fuele)と共に、その動きを心配したと言った。

拡大のためのEU委員は、エルドアン首相の言論の自由に関する政策のことで彼が「重大に心配していた」と言った。

欧州委員会副プレジデントのニーリー・クロエス(European Commission Vice President Neelie Kroes)は、サイトのブロッキングを「根拠がなく、無意味で、臆病である。」と評した。

トルコ弁護士協会(Turkey's lawyers' association)は、それが違憲でmトルコ・ヨーロッパの人権法違反したことだったと主張して、禁止をくつがえしてくれるように法廷に依頼した。

トルコの野党第一党は、さらにそれが決定を撤回しようとするだろうと言った。

どうにで、禁止の裏をかいたTwitterユーザーは、動きに対する音声怒りに貢献することを好きになた。

名前@MuratYetkin2の下でぴいぴいとさえずるあるユーザーが、「私は、誰でもここにいることを理解します。禁止が12時間未満で裏をかかれたように見えます。」
全員、そこに行くと、まったく禁止が無駄になる。

何人かのユーザーが彼のオフィスへ関係のある腐敗の証拠を伝えられるところによれば、ドキュメントを示し、記入した後、エルドアンは、否定するクレームとして、Twitterに対する処置を講じた。

彼のスポークスマンは、エルドアンがソーシャルメディア会社がいくつかのリンクを削除するためにトルコで裁判判決に応答することに失敗した後、作用することを強いられたと言った。

twitter.comを開こうとする何人かのユーザーは、Webサイト上の「保護法案」を適用するために裁判所命令を引用し、トルコのテレコミュニケーション取締人によってステートメントが転送された。

Twitterは、裁判所命令上のパブリックコメントをまだ作っていなかった。
しかし、スポークスマンは、それが停電を調査していたと言った。

Twitterは、さらに英語、トルコ語の両方のメッセージを記入し、およびテキスト・メッセージによってツイーツを送る方法をユーザーに伝えた。

トルコ中で約1000万人のTwitterユーザーがいる。

2010年には、国がYouTubeを解禁した。
それは、2年後に、国の創立者ムスタファ・ケマル・アタチュルク(Mustafa Kemal Ataturk)を侮辱したと認められたビデオのためにWebサイトへのアクセスを阻んだ。

1923-10-29---トルコが正式に共和国となった。
2007-03-07---トルコ法廷、トルコの創設者侮辱でYouTubeの妨害命令。
2010-10-30---トルコは。2年間のYouTube禁止令を撤廃した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告