gaYa広告

2014年03月21日

第一次世界大戦の厄介なベルギーの不発弾。

BBC Newsは、第一次世界大戦(First World War)が始まったほとんど1世紀後に、何千もの不発弾が、まだ前の最前線で見つかっていると報告した。

まだほとんど手投げの爆弾による空爆だった時代に、10億を超える爆弾が発射された。

そのうち、約30%が不発弾という性能であった。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

爆発すれば、それでその爆弾の仕事は終わる。

しかし、爆発しなければいる爆発するか判らない。

さらに厄介なことは、その爆弾は、多くが毒ガス弾である。

それを今も毎年150〜200トンを回収している。
回収は安全かと言えば、1919年以降、20人が死亡している。

Mail Onlineは2014年03月19日に、第一次世界大戦の爆弾で、2人が死亡したと報告した。

歴史的な都市イーペルの近くで、BBCのアンガス・クローフォード(Angus Crawford)は、歴史的な都市イーペル(Ypres)の近く、HQで一日を過ごした。

毒ガスと言えば、日本ではオウム真理教の地下鉄サリン事件であるが、あれからすでに10年以上が過ぎ、その攻撃者であったオウム真理教の犯罪者も釈放されていることだろう。

また、その前の赤軍派で大菩薩峠で多くの仲間を殺した人も釈放されている。

恐ろしい国である。

歴史的な都市イーペル(Ypres)のGoogle Earthポインター情報
50°50'57.2"N 2°52'40.6"E
または、
50.849225, 2.877939

2014-02-25---科学者ジョン・ホールデーンは、自分で毒ガスをテストした。
1915-04-22---第1次世界大戦でドイツ軍が初めて塩素系毒ガスを使用した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。