gaYa広告

2014年03月21日

第一次世界大戦の厄介なベルギーの不発弾。

BBC Newsは、第一次世界大戦(First World War)が始まったほとんど1世紀後に、何千もの不発弾が、まだ前の最前線で見つかっていると報告した。

まだほとんど手投げの爆弾による空爆だった時代に、10億を超える爆弾が発射された。

そのうち、約30%が不発弾という性能であった。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

爆発すれば、それでその爆弾の仕事は終わる。

しかし、爆発しなければいる爆発するか判らない。

さらに厄介なことは、その爆弾は、多くが毒ガス弾である。

それを今も毎年150〜200トンを回収している。
回収は安全かと言えば、1919年以降、20人が死亡している。

Mail Onlineは2014年03月19日に、第一次世界大戦の爆弾で、2人が死亡したと報告した。

歴史的な都市イーペルの近くで、BBCのアンガス・クローフォード(Angus Crawford)は、歴史的な都市イーペル(Ypres)の近く、HQで一日を過ごした。

毒ガスと言えば、日本ではオウム真理教の地下鉄サリン事件であるが、あれからすでに10年以上が過ぎ、その攻撃者であったオウム真理教の犯罪者も釈放されていることだろう。

また、その前の赤軍派で大菩薩峠で多くの仲間を殺した人も釈放されている。

恐ろしい国である。

歴史的な都市イーペル(Ypres)のGoogle Earthポインター情報
50°50'57.2"N 2°52'40.6"E
または、
50.849225, 2.877939

2014-02-25---科学者ジョン・ホールデーンは、自分で毒ガスをテストした。
1915-04-22---第1次世界大戦でドイツ軍が初めて塩素系毒ガスを使用した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。