on-the-time.jp

2014年03月21日

中国の砕氷船「雪竜」が、MH370残骸探索に加わった。

新華社は、中国の砕氷船「雪龙(Xuelong/雪竜/Snow Dragon)」は2014年03月21日金曜の朝に再び供給するために、オーストラリアの西部港フリマントル(western Australian port of Fremantle)に到着し、係留されていた。

北京時間午後17:00に、長く勤務した南極観測船は、見当たらないマレーシア航空会社フライトMH370の捜索に加わるように、中国の国家海洋局(the State Oceanic Administration of China)長からの命令を受け取ったと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

「雪龙」は、西オーストラリアのフリマントル港から北京時間午後5時ごろ出発することを命じられた。

「雪龙」は、金曜午後6時前に南インド洋のためにフリマントルの港から出航すr準備ができている。

ここには2014年03月21日金曜の朝に供給を引き受けるために到着した。

フリマントルから1,000海里以上の衛星が木曜日に可能なMH370残骸を見つけた南インド洋の捜索区域に着くには、約4日必要となる。

中菊の外務省スポークスマン洪磊は金曜日に、そのエリアに中国が何隻かの船を送ったと毎日の記者会見で伝えた。

中国の船「海巡 01(Haixun 01)」は、金曜日に南インド洋のクリスマス島(Christmas Island in the southern Indian Ocean)の近くの水域の失われたマレーシアのジェットを探索している。
船は北京時間午前9時に島の約110海里西へあり別の船「南海玖 101(Nanhaijiu 101)」と一緒に探索し続けるために南方に航海するだろう、と船に搭乗した新華リポーターは言った。

3機の中国空軍機が、見当たらないマレーシア航空会社飛行MH370の捜索を支援するために、マレーシアへ送られた

中国中央軍事委員会(Central Military Commission)は、航空機IL-76輸送機2機とYun-8貨物機1機のコマンドに際して、金曜日の午前8時ごろの南中国の三亚凤凰国际机场(三亜鳳凰国際空港/Sanya airport)を離陸したと人民解放軍の空軍スポークスマン(中国空军新闻发言人申进)の申进大佐(Col Shen Jinke/シェン・ジンケ大佐)が言った。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告