on-the-time.jp

2014年03月21日

中国の砕氷船「雪竜」が、MH370残骸探索に加わった。

新華社は、中国の砕氷船「雪龙(Xuelong/雪竜/Snow Dragon)」は2014年03月21日金曜の朝に再び供給するために、オーストラリアの西部港フリマントル(western Australian port of Fremantle)に到着し、係留されていた。

北京時間午後17:00に、長く勤務した南極観測船は、見当たらないマレーシア航空会社フライトMH370の捜索に加わるように、中国の国家海洋局(the State Oceanic Administration of China)長からの命令を受け取ったと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

「雪龙」は、西オーストラリアのフリマントル港から北京時間午後5時ごろ出発することを命じられた。

「雪龙」は、金曜午後6時前に南インド洋のためにフリマントルの港から出航すr準備ができている。

ここには2014年03月21日金曜の朝に供給を引き受けるために到着した。

フリマントルから1,000海里以上の衛星が木曜日に可能なMH370残骸を見つけた南インド洋の捜索区域に着くには、約4日必要となる。

中菊の外務省スポークスマン洪磊は金曜日に、そのエリアに中国が何隻かの船を送ったと毎日の記者会見で伝えた。

中国の船「海巡 01(Haixun 01)」は、金曜日に南インド洋のクリスマス島(Christmas Island in the southern Indian Ocean)の近くの水域の失われたマレーシアのジェットを探索している。
船は北京時間午前9時に島の約110海里西へあり別の船「南海玖 101(Nanhaijiu 101)」と一緒に探索し続けるために南方に航海するだろう、と船に搭乗した新華リポーターは言った。

3機の中国空軍機が、見当たらないマレーシア航空会社飛行MH370の捜索を支援するために、マレーシアへ送られた

中国中央軍事委員会(Central Military Commission)は、航空機IL-76輸送機2機とYun-8貨物機1機のコマンドに際して、金曜日の午前8時ごろの南中国の三亚凤凰国际机场(三亜鳳凰国際空港/Sanya airport)を離陸したと人民解放軍の空軍スポークスマン(中国空军新闻发言人申进)の申进大佐(Col Shen Jinke/シェン・ジンケ大佐)が言った。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告