gaYa広告

2014年03月03日

ウェアラブル・ロボットは、各手で50kgを持ち上げた。

BBC Newsは、イタリアのエンジニアは、現在までに最も世界で精巧に構築されたウェアラブル・ロボット「body extender」を開発したと報告した。

その「body extender」はピサ(Pisa)のScuola Superiore Sant'AnnaでPercro(Perceptual Robotics Laboratory/知覚ロボット工学研究所)によって構築された。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ユーザーは各拡張手の中で機械によって50kg以内を上げることができることができる、とそのメーカーが言います。

それを開発していることが、工場で働くかあるいは地震帯の残骸と救助の生存者を救出できるかもしれない、と彼らは言っている。

外骨格は、生産、治療および軍事目的として、世界で開発される多数のうちの1つである。

Percroのファビオ・サルセンド(Fabio Salsedo)は、機械がどのように作動するか実証している。

ただし、このようなのは、誤作動したら、と思うと何となく怖い。

ピサ(Pisa)のScuola Superiore Sant'AnnaのGoogle Earthポインター情報
43°43'15.4"N 10°24'09.1"E
または、
43.720942, 10.402522

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する外部のサイト