gaYa広告

2014年03月03日

1857年の反逆者に関するクレームを再検討するインドの遺体。

BBC Newsは、インドの考古学者は、北部州パンジャブで使われていない井戸から掘り出された人々の遺体は、1857年にイギリスに対して反対した兵士であるというクレームを検討していると報告した。

シーク教徒の寺院は、アジャナラ(Ajnala)村の民がイギリス人によって処刑された282人の兵士の遺体を発掘したと言った。

しかし、歴史家と考古学者は、早すぎるので、その結論に達することができないと言った。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

インドで、その反乱は、最初の独立戦争としばしば評されてきている。

ヒンズーとイスラム教の兵士は、グリースがそれらの宗教によって禁止された獣脂で銃カートリッジに塗られたという恐れに関して1857年にイギリスの東インド会社(British East India Company)に反発した。

イギリスは1947年の国の独立まで200年間インドを支配した。

地方のシーク寺院のチーフAmarjit Singh Sarkaria,は、村民が神社に位置し、282人の反乱兵の遺体を回復した井戸を発掘したとリポーターに伝えました。

残りは頭蓋骨、歯およびコインを含んだ、と彼が言った。

考古学者で、パンジャブの考古学の部のチーフNavjot Singh Randhawaは神社に到着しており残り、アムリッツァー地区(Amritsar district)のアジャナラ(Ajnala)にあるシーク教徒のローカル寺院を検査している、とBBCに伝えた。

彼は、「40〜50の人間の頭蓋骨が見つかったと言いました、骨格、コインおよびメダルに加えて、よく発掘された。」
「それはビクトリア朝から現在まで見えま。」
残りを評価するためにラジオ放射性炭素年代測定法(radio carbon dating)のエキスパートが頼るかどうかは明らかではない。

しかし、Navjot Singh Randhawaは、「残りを1857の反乱の中で死んだインドの兵士のものにリンクする証拠はない。」と言った。

「私たちが持っているもの、証拠、反抗したその282人の兵士である[1857年の英国人に対して]Ajnalaに拘束された。私たちは、何がこれらの兵士の身にふりかかったかに関する証拠を持っていません。」
「絶対にそれらが井戸に、投げ捨てられたという証拠はありません」と彼が言いました。

Navjot Singh Randhawaは、1947年にインドの血なまぐさい分割をマークした宗教の殺害中に井戸中の残りはさらに「井戸へジャンプし、死んだ人々」が所有することができたと言った。

上級のAjnalaオフィシャルのSurinder SinghはBBCヒンディーに、残りが維持され、「適切な葬式および記念物」のローカルの需要が、政府へ送られたシーク教徒の神社の近くで警察が展開したと伝えた。

「私はサイトでいくつかの骨格およびコインを見ました。」
「しかし、私たちは、それらが1857にさかのぼることを確認することができません。」と彼が言った。

歴史上のテキストを引用する1857の反乱のパンジャブ政府記録は、2人のイギリス人のオフィサーを殺した後に、在来の歩兵連隊がラホールの近くで配置した第26在来歩兵連隊(26th Native Infantry Regiment)に属する282人の兵士が逃げて1857年にAjnalaの中で遮られた、と言った。

反逆者は地方の警察署および政府バラックで拘束された。
また、その後、それらのうちの多数は銃殺にされ、ローカル井戸に廃棄されたと、記録ではなっている。

タリバンが、何人もの村人を井戸に生きたまま捨てられ、その上から生きたまま土で埋められ、最後に整地されたと書かれて居た文献を読み、驚いたが、それに似たことがイギリス人によって行われていた。

アジャナラ(Ajnala)村のGoogle Earthポインター情報
31°50'42.1"N 74°45'54.7"E
または、
31.845028, 74.765200

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告