gaYa広告

2014年01月14日

アルゼンチンの詩人Juan Gelmanが、メキシコで死去。

BBC Newsは2014年01月15日に、83歳であったアルゼンチンの詩人フアン・ゲルマン(Juan Gelman/1930 - 2014)はメキシコシティ(Mexico City)で2014年01月14日に死去したと報告した。

彼はスペイン語で最も偉大な著者のうちの1人であると考えられ、2007年に名誉あるセルバンテス賞(Cervantes Prize)を与えられた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

フアン・ゲルマンは、左翼の政治運動の活動家で、1960年代と1970年代のアルゼンチンのゲリラであったことで、20年間メキシコに住んでいた。

彼は、新聞のための20冊を超える本および通常のコラムを書いた。

彼の息子と彼の妊娠している義理の娘は1970年代に軍政によって誘拐された後に殺された。

公式説明は、政権の手で1976年〜1983年の間にほとんど20,000人が消されたと言った。
しかし、人権擁護団体は、それが少なくとも30,000人であると言った。

1990年に、フアン・ゲルマンは、息子が砂とセメントで満たされた樽で処刑され、埋められたことを発見して、遺体を識別することができた。

彼は、義理の娘マリア・クローディア(Maria Claudia)の遺体を見つけることができなかった。

しかし、2000年には、彼がさらにマリア・クローディアの推定された殺人の前に生まれた孫娘を追跡することができた。

その子どもはウルグアイで政府支持家族に引き渡された。

再結合は、1976年〜1983年の「汚い戦争」は、アルゼンチンの歴史で、600人未満の犠牲者が見つかっただけであった行方不明になった人々を巻き込み、最多の明確なちの1つであった。

特派員は、フアン・ゲルマンの作品は生命を祝うが、彼自身の祖国の政治の痛い経験を反映して、社会・政治的な注釈で和らげられる、と言った。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。