on-the-time.jp

2014年01月14日

米国は、中国からの考古学のアイテムの輸入規制を拡張。

新華社は、米国は、月曜日に中国で発掘された考古学のアイテムの米国の輸入品の制限について北京で5年前に署名された合意書を拡張したと報告した。

取り引きは、およそ紀元前75,000年からA.D.907と、少なくとも250年来の画期的な彫刻および壁芸術に日付に変動して、旧石器時代の期間から唐王朝までアイテムをターゲットとする、と国務省が声明で言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

拡張は「米国が中国の豊富な考古学の遺産の略奪と、略奮された文化財中の不法に売買することを止めるために輸入規制を課した時、2009年に始まった協力の継続を表わす。」と、それが言った。

単に2009年01月16日、制限の発効日に先立って中国外のその出所を確認する、中国政府当局かドキュメンテーションによって出された輸出許可書が伴った制限されたオブジェクトの中でワシントンが許可するとそれは付け加えた。

2011年3月に、バラク・オバマ大統領の政権(President Barack Obama)は、前年にわたってとらえられた、中国を起源とする遺物に1ダース当たり中国に上方へ頼った。

「現在の合意の拡張は、さらに米国の博物館へのより多くの展示ローンを促進し、中国の遺跡発掘現場についての高度な国際的な研究を保持した」とそのステートメントが言った。

アメリカと中国は、両方とも文化財の不法の輸入、輸出および所有権の移転を禁止し、防ぐ手段に関する1970年のユネスコの協定(the 1970 UNESCO Convention on the Means of Prohibiting and Preventing the Illicit Import, Export and Transfer of Ownership of Cultural Property)の州加担者である。

つまり,多くの博物館にあるものは,そこではなく,その発掘場所にあってこそ意味があると言えると言うことで、歴史のない米国に金で買った遺物があってもいみをなさないということである。

日本の多くの大切な文化財は,戦後すぐに,大量に米国へ安く流出した。
あれは、米国の違法行為である。

オークションでの取引も,どんどん規制すべきである。

オークションの高値が,犯罪を助長している。

2013-12-18---2万円で転売されかけた盗難ストラディバリウスが、2億円で落札された。
2013-12-08---エジプトは、ツタンカーメンの姉妹の盗まれた古代の彫像を奪還。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。