gaYa広告

2014年01月13日

ロシアの戦死者遺体発掘ボランティア。

BBC Newsは、第二次世界大戦で死んだ概算7000万人のうち、2600万人が東欧の最前線で死んだと言われている。
また、それらの400万人までは、公式に戦闘中行方不明であるとまだ考えられている。
しかし、ボランティアはそれらに適切な埋葬を与えようと決心して、現在、兵士の遺骨、遺品を求めて旧戦場を探索していると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

オルガ・イブシナ(Olga Ivshina)は、森林の静かなものを強調する彼女の金属探知器の信号音は、松の木に沿って、ゆっくり注意深く歩く。

「それらはあまり深く埋められません」と彼女が言った。

「時々、私たちはちょうど苔および少数落ち葉の層の下でそれらを見つけます。それらは、落ちたところで、まだ位置しています。兵士は私たちを待っています。最後に帰宅する機会を待ちます。」

近くのマリーナ・コウチンスカヤ(Marina Koutchinskaya)は泥の中で探索する。

過去12年間、彼女は、ほとんどの休日を自宅、マタニティー衣料ビジネス、若い息子からはるか遠く離れて、このようなところで過ごしている。

「毎年春、この奇妙な種類を得る夏および秋。私が兵士を捜しに行くために私の内部が切望する。」と、彼女は言った。

「私の心は、この仕事をするために私を引き付けます。」

彼らは、サンクトペテルブルグ(St Petersburg)の近くのこの森林へ到着するために狭苦しい軍用トラックの中で24時間の間旅行している、調査(Exploration)と呼ばれるグループの一部である。

条件は基本的に森の中でキャンプ生活をする。
また、いくつかの日、戦死者たちの身体を見つけるために、それらは腰まで深く泥の中を通り抜けなければならない。

その仕事はまた危険でもある。

まだ、兵士バックパック中の手投げ弾で規則的に発見される。
また、砲弾は、木から突き出るのを見ることがある。

他のグループからの抗夫は、ロシアのどこか他のところで命を失った。

マリーナは、見つけたオブジェクトを上げます、それは石鹸の棒のように見える。しかし、それは実際にTNTである。

「裸火の近くで、たとえ70年間地面にあっても、それはまだ危険です。」と彼女が言った。

日本人も多くが中国、朝鮮、台湾、フィリピン、インドネシア、マレーシア、タイ、ビルマなどで死んでいる。
昔から遺骨収集で出かけていたが,最近はあまり、聞かなくなっている。

私は手元に,カチンの森で発掘された膨大な遺体の写真と報道資料をナチがまとめた資料本を持っている。
それらにはまだ皮膚が残っている。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告