gaYa広告

2013年11月19日

成長と料理用のセロリ・ルーツ(根用セロリ/celery root)。

美容と医学の科学

ワシントンポスト(Washington Post)は、秋になり、落葉が庭の残骸をきれいにし、記憶の作物を収穫し、物事がどのように行ったかを評価する時間であると教えている。

その記録は完全ではない。
また、庭師は、なぜ作物が失敗したか、あるいは、全く必要とされるだけの資格があったとは限らなかったかばかりに気をとられている。

それは、次に有益になりえる。
しかし、成功から多くをまた学習できる。

1年、見えるジャガイモハムシでなく、我々のジャガイモは豊富で、無垢であった。

なぜ?
雨が夏中降った。
また、私たちは、もしよく給水されればじゃがいもが虫に抵抗することを何度も知った。

今年、湿っているだけでなく涼しいということであった。

熱を愛しているメロンは、豊富な風味を欠くことにより、不満を示した。

根用セロリ(celery root/呼ばれた根用セロリー/celeriac)がなかったなら、2013年は勝利であった。

日本ではまだ余り目にしない野菜である。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

根用セロリは、一般のセロリと同じプラントである。
しかし、柔らかいばりばりする軸の代わりにはれた球根の軸を低下させるために、その種類はこの数年にわたって選択された。

私たちがこれらの色が黄褐色のつけられた球が生じ始めるのを見るとともに、半分、地面と半分の下で上に、私たちはそれらのサイズに驚嘆した。

昨年はせいぜいソフトボールで、これらはココナッツ・サイズになった。

セロリは沼沢植物で、確かに冷たさおよび湿気に支援され、さらに、しかし、私たちは、移植をセットしたという功績を認められ、最後の予言された霜の数週間前に、初期の出荷をする。

根用セロリーはちょっとした凍結をとる。
しかし、あまりにも多くの寒さは、軸セロリほど容易にではないが、それを衰えさせる。

プラントに有機物において豊富な沃土を与えた。
それは湿気をよく保持した。
それらを除去した。

同族類のニンジン(carrots)、フェンネル(fennel)、パースニップ(parsnips)が近年成長していなかったところで、それらを育てた。

しかし、根用セロリーと同様にmetabolismに、恐らく最多の違いを生じたものは細胞増殖に必要とされた微量養素のホウ素(boron, a micronutrient)を加えており、ビートおよびニンジンも植え、ホウ素は、一般的な質、および空洞病のような根用セロリの場合には回避する混乱を保証するための重要な要素である。

ベッドの扱いが効ったとかなり確信している。

農場では、商用準備を使用した。
しかし、スーパーマーケットの清潔にする製品通路では、製品が20のミュール・チーム・ホウ砂と呼ばれたのを見つける。

大さじ4ガロンの水に溶かされた1杯はベッドの100平方フィートのための服用量で、エーカーごとの割合より有用な定式として、土質試験研究所(soil test lab)が与えるかもしれない。

根用セロリの日焼けしてしわの寄った外観は、その耕作にそのように苦労woするようには説得しない。

しかし、それを備えた料理をちょうど一度試みると、そうすれば、食べて、冬の間地下室の中にロットを持っていることが何を意味するか理解できる。

料理されて、それは、素晴らしい穏やかなセロリ味を備えた堅いじゃがいもにやや似ている。

今ちょうど、特大の美の引っ張りに狂喜している。
また、根用セロリで祝って、柔らかいまで静かに沸いた、そして次に、パセリの大きな一つかみと共にピューレにされた
はい、2つは同じ家族にある。
しかし、庭床を共有してはならない一方、それらは、クリームで飾られ、トップの少しより多くのパセリで飾られて、この皿の中で完全調和を作る。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。