on-the-time.jp

2013年11月19日

アップル、iPhone Appで、小売店のロケーション・アウェア実験。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、アップルの店は、ユーザーがデバイス、または付属品に近い時、iPhone Appを利用し、製品情報を伝える屋内取付に基づいた信号を展開させているために了解されていると報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

アップルは、iBeaconの烙印を押して、最新のOS改良で、位置に基づいたサービスの支援を加えた。

多重音源を引用して、9to5Macは、アップルがその小売店のためにiBeaconハードウェアを命じたと報告した。

情報筋は、顧客が製品まで歩き、次に、価格と特徴のような追加情報を備えたそれらのiPhoneの上の通知を受け取るのをiBeaconサービスが可能にするだろうと言った。

さらに、Genius Bar支援キューを管理するのに店内で、使用することができるかもしれない。

アップル・ユーザーはうるさい傾向があり、なぜそのような設備が、それらが訪ねる他の小売り業者で利用可能ではないか尋ね始めてもよいので、アップルは技術証明者を使用しているかもしれないと言っている。

しかし、消費者は、本当、彼らが店の近くで歩き回るとともに、彼らの電話が製品情報で「ぴー」という音を出すことを望むかどうか、まだテストされていないと言っている。

2013-09-16---アップルは買物客を対象に、Bluetoothを使用する「iBeacon」。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。