gaYa広告

2013年11月15日

ACE HOTELチェーンの共同創立者は、ロンドンで47歳の若さで死亡。

AP通信は2013年11月17日に、Ace Hotel chainをシアトル共同創立したアレックス・コールダウッド(Alex Calderwood)は、47歳の若さで、ロンドンでレックス・コールダウッド(Alex Calderwood)は、47歳の若さで、ロンドンで2013年11月15日に死亡したと報告した。

彼の会社アトリエ・エース(Atelier Ace)のWebサイトは、彼が木曜日に死亡した原因に関する情報を公表しなかった、と言った。

死因が麻薬でないことを祈る。
とくに,シアトルは,マリファナを解禁したことで知られている。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

アトリエ・エースのステートメントは、コールダウッドに「私たちの教師、メンターとしてのグルで、そして最も重要なことには、私たちのいとしい友達であった。』と言っている

1999年に、彼と2人の友達が、以前は海事労働者のための簡易宿泊所をシアトルのAce Hoteを送り出した。

それはブドウ酒と共に、その非常に模倣されたスタイルで有名で、バラク・オバマの2008年の大統領選挙戦を記号化(symbolize Barack Obama's 2008 presidential campaign)するために来た、その後「HOPE」ポスターの作成で有名になったシェパード・フェアリ(Shepard Fairey)による、家具、レコードプレーヤーと客用寝室アートを再度意図した。

ACE HOTELはその後、オレゴン州ポートランド(Portland, Ore.;)でオ−プンした。
ニューヨーク(New York)、カリフォルニア州パームスプリングス(Palm Springs, Calif、そしてロンドン(London)、その他にも、今年の終わりに、あるいは来年の初めパナマのパナマシティー)Panama City, Panama,)、とロサンジェルス(Los Angeles.)でオ−プンする予定であった。

Ace Hotel は、「個人(感情のこもったものへの類似性によって一緒にしておかれて、複合で・包括的な)のコレクション」とそのウェブサイト上で自称します。

「私たちは、設計の見地から予期しないことをしようとします」とコールダウッドが2008年にニューヨークタイムズに伝えました。

「私たちは実利主義的なオブジェクトで日常のものを祝いたい。

コールダウッドはシアトルの東側郊外で成長しました。

彼は高校生のときから、、インターナショナル・ニュース(International News.)と呼ばれるシアトル衣料品店を管理し始めた。

彼は、備品、机およびショールームの他の部分を作成するためにボーイングの余分の店からの資料を使用した、と彼を雇ったアミット・シャー(Amit Shah)がシアトル・タイムズ(The Seattle Times)に伝えた。

「彼は、他の誰もないもの望んだ資料で何を行うことができるか分かっていた。」
「彼には、常に消費者にそれらの金額に見合う価値を与えた、新しいものを考え出す望みがありました。彼は起業家で楽しませる方法を知っていました。」とシャーが言った。

しかし、それ以上に、彼は新しいものは何だったかについて、常に喜んで話した。

2013-08-16---シアトル公園で、3日間のマリファナ・フェストが復活!?
2013-07-14---米国で大麻が合法化されているが、では、ハッシュはどうか?
2013-05-31---元マイクロソフトの役員は、「マリファナ・チェーン」を立ち上げた。
2013-05-07---ワシントンで合法化されたマリファナは、好景気に結びつくか?
2012-11-07---米国麻薬との戦いに挑戦する2つの州のポット投票。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。