2013年11月15日

3D Printshowは、パリでファッションが大爆発。

ファッション

2012年にロンドンで開催された3D Printshowは、2013年11月07日から09日まで再びロンドンで3D Printshow London 2013が開催され、その後11月15日と16日にパリで3D Printshow Paris 2013が開催された。

AFPは2013年11月17日に、3Dプリンターのほか、エコカー、映画のキャラクターやその衣装を再現したものなど、広範な用途が期待される新技術を駆使したさまざまな作品が展示されていると報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2012年に、3D印刷はSFの領域から、現実の世界で実現可能な世界へと移動した。

それらは、まだ本格化したとは呼べないかもしれない。

しかし、価格および上昇している現実世界の応用が紹介され、期待は、これらの装置がまもなく,家庭の中でトースターと同じくらい一般的になるであろうということである。

確かに、MakerBotは、アメリカのすべての学校に、3Dプリンタを入れたいと言う希望がある。

すでに、外科医は3Dプリンタを利用している。

また、飛行機メーカーは、今ある部分を生産するために3D印刷を使用している。

活動のペースは、3D印刷が初めてのショーで、それ自身の展覧品エリアを保証するとラスベガスの来たるコンシューマー・エレクトロニクス・ショーが決定した。これが先駆者、行進中の技術である。

それ以前に、3Dで彼らの最新の進歩を共有するために今週、パリで集められた業界関係者は、ショー展示をプリントした。

とくに、パリのファッションは,フラクタル関数、カオス関数、モーフィング関数を利用した3Dモデルのファッションへの利用へへと進化させた。

数学的関数が,そのままファッションに進化した。

次は,ニューヨークで2014年02月13日から15日に3D Printshow New York 2014が開催される。

ニューヨークでは、どのように進化するのか?
2013年にロンドンで開催された3D Printshowは、実弾発射可能な銃が登場した。

2013-10-22---デジタル・アート作品は、開発より、早く死んでいく。博物館な対応できるか?
2013-10-17---化石のCT立体画像で最古の神経系を確認。
2013-10-15---Amazeプロジェクトを始動。3D印刷の「金属時代へ」
2013-09-30---NASAは、宇宙に3Dプリンタを送り出す準備中。
2013-09-15---V&A博物館は、3D印刷された銃を表示する。
2013-08-01---3Dプリンターで、電気自動車をアートにしてほしい人。
2013-05-31---ISSで、宇宙で初めて、部品を製造する3Dプリンタを実験する。
2013-05-22---キックスタート科学は、可能か?
2013-05-06---3Dプリンターで作られた銃は、殺傷能力があるか?
2013-02-19---個人用無人飛行機時代がやってきた!
2012-11-21---3Dプリンタで注目されたKickstarterが、特許違反で訴えられた。
2012-10-03---ディズニーは、おもちゃのために3D印刷された照明を開発。
2012-09-20---Replicatorのメーカーは、3D印刷技術をマンハッタンで宣伝。
2012-03-13---3Dナノ・プリンティング速度記録、ウィーン大学が達成!
2012-02-06---移植用のあごが、初めて3Dプリンタで作られた。
2012-01-26---家庭での3D印刷が拡大するとともに、新しい著作権問題が浮上!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。