2013年11月15日

スペインのピアニストは、騒音公害罪で懲役に直面。

BBC Newsは、スペインの検察官は、元隣人が主張した騒音公害で訴えている専門のピアニストのために20カ月の実刑判決を求めていると報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

音楽家ライラ・マーティン(Musician Laia Martin)の家族の階下の隣人ソニア・ボソム(Sonia Bosom)が精神的危害を引き起こしたことで彼女を告訴した後、はジローナ(Girona)で審理中である。

検察官エマ・ルイス(Emma Ruiz)は、さらに27歳の彼女に、専門のピアノで演奏することを6カ月間禁止することを要求している。

評決は2週以内に期待されている。

ライラ・マーティンの親も訴えられており、有罪だと分かった場合、罪に面する。
ソニア・ボソムは、その時の芸術学院学生だったピアニストが、彼女のピアノを2003年から2007年に毎週5日間,日ごと8時間実行したと主張した。

「ピアノ恐怖」
申し立てられた犠牲は、彼女が今、そのようにピアノが大嫌いであると言い、彼女は映像でそれらを見ることさえ、我慢できないと報告書は述べている。

ソニア・ボソムの弁護士はAP通信に、彼女が「苦痛の4年」に耐えたと言った。

彼らの弁護では、マーティン家は、彼らが遮音に部屋を試みて、実行が要求されたほど一定ではなかった、と言った。

検察官は、マーティンのために7年以上の懲役を最初に求めた。

日本では,ピアノで騒音殺人事件が起こっている。

2013-05-20---超音波の雑音(Supersonic Noise)。
2012-08-29---イヤホンは、ジェット・エンジンからの雑音くらい危険。
2011-09-12---混乱のコントロールで、ジェット雑音を削減。
2011-07-01---フランスの虫は、交尾期に性器でオートバイ並みの騒音で鳴く?
2011-06-08---映画館から放り出された女性が、テキスト・メッセージングで苦情!
2009-11-10---夜の営みの声が大きすぎる夫婦への判決!
2009-07-05---大阪市此花区のパチンコ店で放火殺人事件が発生した。
2008-12-09---クリスマスのオンラインBuzz(騒音)が市場を動かす!
2008-07-30---騒音をストリップと間違えた警察官!
1991-08-02---熱量と騒音の計量法を改定した。
1984-03-09---大阪空港の騒音訴訟問題で、和解案を国が受入れた。
1982-10-06---「テレビ騒音殺人事件」が起こった。
1975-11-27---大阪高裁が大阪国際空港騒音問題で、午後9時以降の飛行禁止を認めた。
1974-08-28---「ピアノ殺人事件」が発生した。
1963-03-29---騒音自動表示器が設置された。
1962-12-11---陸上自衛隊島松演習場の電話線を切断した「恵庭事件」が発生した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告