on-the-time.jp

2013年11月15日

日本で、地球温暖化防止はできない?!

BBC Newsは、福島核災害の結果として、日本は、著しくその温室効果ガスの削減目標をなで切りにする予定であると報告した。

それは今、2005年レベルより3.8%以下の2020年の目標を達成を目指すことになる。

これは、1990年レベルから放射を25%削減する、前のコミットメントと交換する。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

その動きは、日本の原子力発電所を現在すべてオフラインに付属する。
化石燃料のその燃焼を増加させることを国に強いている。

その動きは菅義偉内閣官房長官によって東京で発表された。

新しい目標は、25%の削減目標からの包括的な反転し、1990年代放射レベル以上の3%の上昇を表わす。

しかし、菅義偉内閣官房長官は、現在野党の民主党が率いた政府の下の前の目標セットが「全く根拠がなかった」と言った。

「私たちの政府は、25%の削減目標は全く根拠がなく実現可能ではありませんでした。」と彼が言った。

つまり、空論であったと言うことなら、現在野党の民主党が率いた政府に責任は重大である。

また、ここまで言い切ると言うことは,それが間違いであった場合の責任も取ると言うことだろう。

また、これまでの決定が,どれほどいい加減であったかと言うことが、今回の事故で明らかになった。

ワルシャワで開催された国連気象変動会議(UN climate change)COP19( 第19回 気候変動枠組条約締約国会議)で話した日本のチーフ折衝者は、動きが新しい状況に基づいたと言った。

「新しい目標は、0の核保有国に今後基づきます。」
「私たちは野心レベルを低下させなければなりません」と日本政府の代表団で外務省国際協力局の南博参事官が言った。

動きを認めることは批判を引きつけるでしょう。
彼は、もし核状況が変われば目標を調節することができるだろうと言った。

2011年の地震および津波に先立って、日本は、核エネルギーからのその力の4分の1を越えるものを生成した。

しかし、災害以来、その50のリアクターの多くは核エネルギーに対する大衆の反発の中に安全点検または定期保守のために空費された。

日本の最後の操作の原子炉は、Ohiで、9月を提出されました。
また、アナリストは、国は最も初期のものとして、12月まで原子力がないだろうと言った。

これまでのところ、電力会社は約12のリアクターを再開するために申し込みをした。
しかし、これは、安全点検と法的障害のために時間かかる。

それらが経済を好転させる彼の計画の生命にかかわる部分であるので、安倍晋三首相はオン・ラインでリアクターを見たい。

福島災害以来、日本は、巨大な量の石炭、液体天然ガスおよび他の燃料を輸入することを強いられた。

COP19に参加している先進国や途上国からは、これまでの目標より削減する数値が大幅に低くなっていることから批判の声が相次いだ。

しかし、これまでのような無責任な目標より,実現可能なことを言うことは,大切である。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。