2013年11月03日

ベルリンのピンクのパイプ・ラインは,どこにつながっているのか?

BBC Newsは、ベルリンを訪れる人は誰でも巨大なピンク・パイプに気づく。

それはまるでピンクのヘビのように、都市を何マイルもうねっている。

それらがドイツの首都を通って前進するとともに,それらの多くは。頭の高さを上回って、明るく色づけしたチューブは精巧な形を形成している。

しかし、それらは何か?
また、なぜそれらはそこにあるのか?

それを見いだすため、BBCのスティーヴン・エヴァンスは、パイプのうちの1つを追った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

答えを知りたい人は、追い掛けてください。
でも、なぜピンクなのか?

これは最近始まったことではない。

すでに25年以上続いていると言っている。
心理学者も関係している。

太さも一定ではない。

完全に解明するには,英語とドイツ語が必要かもしれない。

ピンクのパイプ・ラインの保存場所のGoogle Earthポインター情報
52°33'2.77"N, 13°30'48.13"E
または、
52.550769, 13.513369

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。