2013年11月03日

インドネシアの火山は再び噴火し、待避を強要。

AP通信は、インドネシア西部の火山は、再び噴火し、火山灰を空へ高く噴出して、その傾斜のまわりの村民の待避を強要していると報告した。

BNPB(National Disaster Mitigation Agency/国立災害ミティゲーション機関)は、標高2,600m(8,530フィート)のシナブン山(Mount Sinabung)が日曜日の午前爆発したと言った。

それは、3km(2マイル)の危険地帯内にある4つの村から居住者を避難させるために、当局が働いていると言った。

これまでのところ、ほぼ1,300人の村民が、より安全な地域へ移転した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

北のスマトラ州にある火山は2013年10月24日に、最後に噴出た。

2013年9月まで3年間休止していた後に、生き返りごろごろ鳴った時、15,000人以上が逃れることを強いられた。

Sinabung山はインドネシアにある120を超える活火山の一つである。
それは、太平洋の「環太平洋火山帯」上のその位置により、地震隆起の傾向がある。

シナブン山(Mount Sinabung)のGoogle Earthポインター情報
3°10'16.00"N, 98°23'25.00"E
または、
3.171111, 98.390278

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告