on-the-time.jp

2013年11月03日

インドネシアの火山は再び噴火し、待避を強要。

AP通信は、インドネシア西部の火山は、再び噴火し、火山灰を空へ高く噴出して、その傾斜のまわりの村民の待避を強要していると報告した。

BNPB(National Disaster Mitigation Agency/国立災害ミティゲーション機関)は、標高2,600m(8,530フィート)のシナブン山(Mount Sinabung)が日曜日の午前爆発したと言った。

それは、3km(2マイル)の危険地帯内にある4つの村から居住者を避難させるために、当局が働いていると言った。

これまでのところ、ほぼ1,300人の村民が、より安全な地域へ移転した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

北のスマトラ州にある火山は2013年10月24日に、最後に噴出た。

2013年9月まで3年間休止していた後に、生き返りごろごろ鳴った時、15,000人以上が逃れることを強いられた。

Sinabung山はインドネシアにある120を超える活火山の一つである。
それは、太平洋の「環太平洋火山帯」上のその位置により、地震隆起の傾向がある。

シナブン山(Mount Sinabung)のGoogle Earthポインター情報
3°10'16.00"N, 98°23'25.00"E
または、
3.171111, 98.390278

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。