2013年11月03日

男子テニスのデルポトロ、ローマ法王に祝福されたロザリオを盗まれた。

AFPは、アルゼンチンの男子テニス・プロのファン・マルティン・デルポトロ(Juan Martin Del Potro)が、ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王に祝福され、大切にしていたロザリオをフランス・パリ(Paris)の駅で盗まれたことを明かしたと報告した。

パリの駅は、強盗が多いことで有名で、私のスペインから列車でパリに着いたとき、何人もの強盗が襲っているのを見た。
私は、貧乏学生だったから、彼らはウインクをして見逃してくれた。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

デルポトロはパリの北駅(Gare du Nord)でチェックインする途中、立ち止まってファンにサインをした。
その際バッグを床に置いたところ、泥棒がパスポートと現金が入ったそのバッグを持ち去った。

もの凄い油断である。
盗んでくれと言っているようなものである。

「電車に乗るためにチェックインしているときにサインを求められたんだ。振り向いてサインをしたほんの20秒の間に(バッグが)盗まれてしまった」デルポトロは担当記者に語った。

「どこにでも持ち歩く」というロザリオは、今年5月に行われたイタリア国際(Internazionali BNL d'Italia 2013)に出場した際に、デルポトロがフランシスコ法王から祝福を受けたものだった。

世界ランク5位のデルポトロは、2013年11月04日に開幕する今シーズン最後の大会であるATPワールドツアー・ファイナル(ATP World Tour Finals 2013)に出場するため、イギリスのロンドン(London)に向かう途中だった。

デルポトロは2013年11月01日に行われたパリ・マスターズ(BNP Paribas Masters 2013)シングルス準々決勝でロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)に敗れた。

デルポトロはその後、自身のフェイスブック(Facebook)のページに、ロンドンで行われるトーナメントの夕食会に向かうと記し、自分と友人との写真を投稿した。

デルポトロは「ロンドンで大会前夜祭のディナーに僕の偉大な小さな友達と一緒に出席する用意ができたよ。たくさんのメッセージをありがとう。特に今日は」とコメントした。

フェデラーはデルポトロに同情を寄せ、同じような手口で被害に遭いかけたことを明かした。

「一度、荷物受取所でバッグを持ち去ろうとしていた男を見たことがあったかな。その男はそのバッグを自分のものと思ったらしい。僕らは彼を止めやめるように言って、彼もやめた。それ以降は出くわしたこともないね」と言っている。

パリの北駅(Gare du Nord)のGoogle Earthポインター情報
48°52'50.10"N,2°21'17.96"E
または、
48.880583, 2.354989

2013-08-13---サッカー・ファンのローマ法王は、バチカンでメッシ達に合った。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。