2013年10月13日

中国の観光客はパリで、大量の1ユーロのコインにより拘留された。

BBC Newsは2013年10月14日に、中国人の2人の観光客が、1ユーロのコインで宿賃を支払おうとした後に偽造の容疑でフランスのパリで簡潔に拘留されたと報告した。

パリのホテル所有者が2人を怪しいと思った後、警察はそれらの部屋まで呼ばれた。
部屋では、3,700枚の1ユーロのコインが見つけられた。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

しかし、コインは偽造ではなかった。

その人たちは、中国の廃品置き場ディーラーで、彼らはヨーロッパから送られた自動車に忘れられたユーロをしばしば見つけ、彼らがそのお金を得たと言った。

2人の観光客が2日の夜に70ユーロの宿賃を払おうと再びした後、東パリのBagnoletの中のホテル所有者は、前日行ったように警察が呼ばれた。

フランスの新聞ル・パリジャン(Le Parisien)は2013年10月13日に、「捜査官は、彼らが鍛造された通貨で、対処していたのではないかと考えた。」と言っている。

しかし、銀行業務エキスパートはコインをチェックし、それらが偽物ではないことを確認した。

識別されていない2人の中国人には、くず金貿易の中に友達がいて、それらからコインを買ったことはその後確証された。

何千ものヨーロッパの中古自動車が毎年、中国へ送られている。

それらは、倒壊の前に探索される。
また、内側に残された最も一般的な貴重品が1ユーロのコインであるように見えたと言っている。

中国から来るイメージが先行したのかもしれない。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告