gaYa広告

2013年10月13日

2000年前のローマ時代の露天浴場が、今も使用されている。

BBC Newsは、ローマの廃墟は雑音、笑いおよび生命でいっぱいで、めったに激しくない場所であったと紹介した。

エドワード・ルイスは、そんな一つに遭遇した。
それは、1つの毎日、洗う、また、ちょうどそれを持つ場所として、友達の仲間関係を楽しむことでそれを構築したローマ人向けであった。

白い泡状の石鹸泡に中年の男がくるまれたことに気づくことは、通常のように、家へ手紙を書くようなものではなかった。
また、それは確かに、なぜアルジェリア北東部(north-east Algeria)にいたからではなかった。

エドワード・ルイスは、カンシュラのローマの浴場(Roman baths in Khenchela)を見るために来て、地元住民の多くにとって、魅力は保存の古代建築か著しい状態だったという事実だが、今はもうない。
事実は、無料の湯が豊富に供給された2つの野天風呂へ入れたと言うことであった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

完全に服で覆われ、そして光景中のタオルなしで凝視し、またそれを静かにさせて、水ぎわのまわりを歩くとともに、このような訪問が完全に適切かどうかと考え始めた。

多くは、そのような状況で、なにも心配する必要はなかった。

アルジェリアは、世界のこの地域で、最良のフランスあるいは、そこにさらに理解可能でない言葉¥で話そうとする見知らぬ人が与えられる暖かさおよび寛大の屈辱的なレベルの例外ではなかった。
浴場とそれらの歴史に関する質問に答えることを熱望するため、ズボンを下げ、泳ぐ人のグループに囲まれた。

世紀にわたって使用された滑らかで、摩滅させられた石の大きな白いブロックによって美しく形作られたその循環的な縁のより小さな風呂の隣りに立っていた。

座る棚を完備しているので、それは一種の古代のホットタブに似ていた。

「ローマ人はイエスの前に、それらを構築した。」
1人が手の中のシャンプー容器を叫んだ。

別のものは次のものを上へ吹奏した。
「しかし、それらは地震で破損されました。また、それはトルコ人が来て、それを修理した時です。」
確かに、14世紀に地震があった。

それらの日付が少し外にあったとしても、それらの熱中および強烈な誇りを非難することができなかった。

このような時代感覚は、アメリカ人には理解できないことだろう。

社会を入浴させる毎日の儀式は、カンシュラにおいて、まだ明白に、元気でぴんぴんしている。

実際、伸ばされた脚をまたぎ、海緑色水の中でそれらの脚を下げ、もたせかけられた身体を通ったとともに、浴場が最初の世紀ADに構築されて以来何も実際に変わっていなかったという印象を得た。

より最近のトルコ帝国のレンガ造り、新しく構築された更衣室ドアおよび多数の明るく色づけしたポリバケツだけが、秘密を漏らしてい¥た。

浴場の重要な社会的機能も保持され、家族問題は議論され解決される。
また、冗談と物語は、笑いおよび打たれたももの音を後ろに反復することで、あるいはその手に話される。

スポーツは激して討議され、恐らくより少ない政治、したがって、この国で、不注意な話コストが生きている場合、何が内戦からの二日酔いのままか、誰が聞いているかの疑う。

ほとんどは胃を持っていないか、あるいはより多くの矛盾を危くしたい。なぜアラブの春がアルジェリアにおいて大部分は気付かれないままだったかに関する多くの妥当性のある説明のうちの1つがそこにある。

この著しい連続性に加えて、アルジェリアの他の多くの史跡からカンシュラKhenchelaを目立たせるものは、知られて、最も小さなものの中で、および確かにより劣ったであるにもかかわらず、それが容易に地元住民と対話することができるわずかの場所のうちの1つであるという事実であった。

世界中に、ローマ風の風呂を作るべきだろう。
それも、トルコのような室内ではなく、露天風呂で喧嘩をする人など、日本でも聞いたことがない。

カンシュラのローマの浴場(Roman baths in Khenchela)のGoogle Earthポインター情報
35°26'25.01"N,7° 5'3.99"E
または、
35.440281, 7.084442

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。