2007年07月18日

モロッコ政府の情報機関DGSTの秘密書類を発表した2人が逮捕された。

モロッコ政府の情報機関DGST(the General Directorate for Territorial Surveillance)からの秘密書類を発表した2人のモロッコ人ジャーナリストが、話を聞くため、警察に確保されたと司法関係者が伝えた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

週刊El Watanは、2007年7月14日の土曜日に、「国防機密(secret defense)」として分類された公文書「The Secret Reports Behind the State of Alert in Morocco(機密レポート:モロッコ政府危機への対応)」を発表した。
検察官は、この公文書を漏洩した人物を特定するため、出版ディレクター(編集長)のAbderrahim AririとジャーナリストMustapha Hormat Allahから事情を聞くため確保したと報告した。
当局は、テロの脅威を検出したと言った後に、モロッコ保安部隊が2007年7月6日に、緊急事態の体制に入った。
専門家の中には、この脅威にアル・カイダの北アフリカ支部がかかわっていると言った人もいた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。