10月14日

コロンブス記念日(Columbus Day)

米国で記録された最初のコロンブス記念日の祝賀は、イタリア系アメリカ人遺産を尊敬するために、1792年10月12日にニューヨークで開催された。

1937年のフランクリン・デラノ・ルーズヴェルト大統領(President Franklin Delano Roosevelt)は10月12日を祝日として、コロンブス記念日であると宣言した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

1971年には、休日が10月の第2月曜日に変更された。
コロンブスが降りた島のオリジナルの住民を尊敬するために、カリフォルニア州バークレー(Berkeley, California,)はコロンブス記念日を1992年に、固有の民族日(Indigenous Peoples Day)に取り替えた。

1989年には、サウスダコタ州(South Dakota)が休日を先住アメリカ人の日(Native American Day)を呼び始めた。

アラバマ(Alabama)は、コロンブス記念日(Columbus Day)およびアメリカインディアン遺産日(American Indian Heritage Day)のコンビネーションを祝った。
また、ハワイは発見記念日(Discovery Day)と呼んだ。

他の国々は、さらに異なる休日でコロンブスを祝っている。

例えば、バハマ諸島(Bahamas)では、それは発見記念日(Discovery Day)と呼ばれ、スペインでは、Día de la Hispanidad(イスパニダーの日)とFFiesta Nacional de Españaとラテンアメリカのスペイン文化的統合を目指す運動とお祭りになっている。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告