on-the-time.jp

10月14日

コロンブス記念日(Columbus Day)

米国で記録された最初のコロンブス記念日の祝賀は、イタリア系アメリカ人遺産を尊敬するために、1792年10月12日にニューヨークで開催された。

1937年のフランクリン・デラノ・ルーズヴェルト大統領(President Franklin Delano Roosevelt)は10月12日を祝日として、コロンブス記念日であると宣言した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

1971年には、休日が10月の第2月曜日に変更された。
コロンブスが降りた島のオリジナルの住民を尊敬するために、カリフォルニア州バークレー(Berkeley, California,)はコロンブス記念日を1992年に、固有の民族日(Indigenous Peoples Day)に取り替えた。

1989年には、サウスダコタ州(South Dakota)が休日を先住アメリカ人の日(Native American Day)を呼び始めた。

アラバマ(Alabama)は、コロンブス記念日(Columbus Day)およびアメリカインディアン遺産日(American Indian Heritage Day)のコンビネーションを祝った。
また、ハワイは発見記念日(Discovery Day)と呼んだ。

他の国々は、さらに異なる休日でコロンブスを祝っている。

例えば、バハマ諸島(Bahamas)では、それは発見記念日(Discovery Day)と呼ばれ、スペインでは、Día de la Hispanidad(イスパニダーの日)とFFiesta Nacional de Españaとラテンアメリカのスペイン文化的統合を目指す運動とお祭りになっている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。