on-the-time.jp

2013年10月13日

コロンビア反逆者Farcは、女性反逆者のWebサイトを開始。

BBC Newsは、コロンビアの主な反乱軍Farcは、その女性会員によって実行され、女性会員の専門の新しいWebサイトを始めたと報告した。

革新派の反逆者折衝者のうちの1人ビクトリア・サンディノ(Victoria Sandino)は、それらの男性の相当物で「女性会員が犠牲者だったという神話」を破壊することをサイトFarianasが目標としたと言った。

さらに、コロンビアでジェンダー平等のためにキャンペーンをするだろう、と彼女が言った。

Farcと政府の間のキューバでハバナで進行中の和平会談はほぼ1年前に始められた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

新しいWebサイトは、主として彼らが毎日の反逆者ルーチンを明らかにしたいと言う女性によってポストされている。
しかし、さらに、それは何人かのゲスト男性作家を含んでいる。

Farc指揮者ティモレオッン・ヒメネス(Timoleon Jimenez)は、それをFarcリーダーシップの「支援に相当する美しい冒険」と呼んだ。
「[女性は、]このタスクを独力で防御するために男性の入力に訴える必要なしで、単独で十分な長所を持っています。しかし、それらは、リーダーをすべて歓迎するFarcの指揮者として、非常に親切に私を招待するのを決定しました」と彼が書いた。

Webサイトは、さらにローザ・ルクセンブルク(Rosa Luxemburg)とアンジェラ・デイヴィス(Angela Davis)のような有名な「革命的な女性」のリーダーから勧められた読書および伝記を備えたダウンロードを提供している。

「私たちは、私たちがどう考えて実践するか考えるために戦いをより目に見えるようにすることに決めました。私たちは、他の革命的な女性と同様に戦友の小さく大きな話を話すつもりです。」(ステートメント読み取り)

これまでのところ、農地改革問題上だけで、ハバナ会談で部分合意があった。

しかし、アジェンダ上にさらに5ポイントあります:
政治参加(Political participation)
軍縮(Disarmament)
違法麻薬(Illicit drugs)
犠牲者の権利(Rights of the victims)
和平協定実施(Peace deal implementation)
コロンビアの歴史的記憶の全国センターによる研究(study by Colombia's National Centre for Historical Memory)によれば、コロンビアの武装闘争の和平協定インプリメンテーションは、半世紀で220,000人を殺した。

何十万もが暴力によって移転させられた。

2013-07-21---コロンビアの兵士は、待ち伏せで17が死亡。
2013-06-29---コロンビア・コカの葉栽培は「歴史的な最低値まで25%落ちた。」
2013-04-13---コロンビアは、600,000人の殺人犯を許すのか?!
2013-01-31---コロンビアの武装反政府グループにいたオランダ人の女性。
2012-05-08---コロンビア政府、フランス人ジャーナリストと反乱軍の取引を拒否!
2012-01-21---コロンビアのFarc反逆者は、レーダー基地を破壊。
2011-11-19---コロンビアの反逆者ラジオ放送局、軍によってショット・ダウン!
2011-11-05---コロンビアの左翼Farc反乱勢力のリーダーが殺された!
2011-09-29---コロンビアの小さな町の市長の娘誘拐!開放を要求!
2011-05-23---コロンビアの保安部隊は、大規模コカイン貨物量を押収。
2011-03-11---コロンビアは、反逆者に身代金を支払う企業を脅迫!
2011-03-02---コロンビアの銀行で、現金輸送ヘリコプターを攻撃し、6人殺害!
2011-02-16---コロンビアのFarc反逆者は2人の人質を釈放。
2010-09-18---加速する開発と武力紛争が、アマゾンの部族を追い立て、苦しめる。
2010-07-25---チャベス大統領は、コロンビアを脅迫した米国への石油輸出をカット!?
2008-03-04---ベネズエラとエクアドルの政情安定で、コロンビアが高額資金を要求。
2005-10-11---海兵隊はコロンビアでUS$1億8800のコカインを押収!
2005-01-13---麻薬戦争も大変。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。