2013年10月02日

ニューヨークで、トイレが爆発し、男性が顔面などに大けが。

AFPは2013年10月12日に、ニューヨーク(New York)のブルックリン(Brooklyn)で2013年10月02日に、アパートの一室でトイレの便器が「爆発」し、住人の男性が大けがを負ったと報告した。

水圧を調べるために水を流したところ、顔のすぐ前で磁器製の便器が破裂したと伝えている。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

担当弁護士がAFPに語ったところによると、この部屋の住人でIT関連の仕事をしている58歳のミシェル・ピエール(Michel Pierre)は血まみれになり、短時間ながら意識を失った。

飛び散ったトイレの破片で顔面のほか両腕と両脚を負傷し、30針を縫う大けがを負った。

ミシェル・ピエールは事故後はトイレを流すことに大きな恐怖感を持っており、水洗用のレバーハンドルにロープをくくり付けてドアの外に出た後、安全な距離を保って水を流していると伝えている。
「ばかみたいだと思われるでしょうが、私はまだ怖いんです。いずれ治るとは思いますが、まだ痛みもありますし」と話している。
これも一種のPTSDで、病院に行くべきだろう。

事故を「磁器爆弾」と伝えた地元紙デイリー・ニュース(Daily News)の電子版によると、同じアパートに住むほかの3人も負傷した。

護士によれば、ミシェル・ピエールはアパートの管理会社を相手取り損害賠償を求める訴訟を起こす構えで、医療費の総額や形成外科手術が必要になるかどうかなどについては今のところ不明で、賠償請求額は裁判で確定させたいと考えている。

1964年に建てられた16階建て275室のこのアパートは事故当日、メンテナンスのため断水していた。
ピエールさんの部屋のトイレのほかに4つのトイレが爆発したが、人為的ミスが原因だったことを示す証拠は見つかっていない。
原因はまだ調査中だが、押し下げられた水洗レバーが戻るのと同時に、断水によって排水管内にたまっていた空気が一気に逆流し、その圧力で爆発が起きた可能性があると考えられている。

昔、コンドームが人を襲うビデオ「キラーコンドーム」は見たが、トイレが人を襲うビデオ「Killer Toilet from Outer Space」は まだ見ていない。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。