on-the-time.jp

2013年09月13日

フランスの風刺の週刊誌、日本の批判を「ユーモア感覚ない」と一蹴。

AFPは、福島第1原発事故の問題を抱える日本が2020年夏季オリンピックの開催地に選出されたことを風刺する漫画を掲載し、日本政府からの怒りを買っている仏週刊紙「カナール・アンシェネ(Le Canard Enchaine)」は2013年09月12日に、「責任をもってこの風刺画を掲載した。いささかも良心に反するところはない」と述べ、日本人にはユーモアのセンスがないと嘆いたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

問題の漫画の一つは、損壊した原発の前の土俵で3本の腕や脚がある力士が向かい合い、その横でスポーツ解説者が「すごい、福島のおかげで相撲がオリンピック競技になった。」とコメントしている。
もう一つは、プールの前で防護服を着用し、放射線測定器を手にした2人が、ウオータースポーツ会場は福島に建設済みだ、と話している。

これに反発した日本政府は、同紙に対して正式な抗議文書を送付すると表明している。

日本政府は、福島での事故と汚染水の問題は制御できており、オリンピックには影響しないと繰り返し、強調してきた。
日本はこれまでにも、海外メディアで報道される意見に対しては敏感な対応を示し、大きな惨劇をもたらした災害が風刺の対象となることに対して怒りをあらわにしてきた。

菅義偉(YoshihideSuga)官房長官は記者会見で、「このような風刺画は、東日本大震災で被災した方々の気持ちを傷つける。」と述べた上で、「汚染水問題について、誤った印象を与える不適切な報道」とも指摘し、同紙に対して日本政府から正式に抗議する構えを明らかにした。

これに対し、同紙のルイマリ・オロー(Louis-Marie Horeau)編集長は、「われわれには悪意のないように思える風刺画」に対する日本からの反応に「ただただ困惑している。」として、「ユーモアを表現しているからといって、被災者の皆さんを侮辱していることにはならない。ここ(フランス)では、悲劇に対してはユーモアを持って立ち向かうものだが、どうやら日本ではそうではないようだ」と語った。

つまり、国々それぞれに考え方の基本が異なるということだろう。

私はこの記事を最初に見て、相手はフランスだ!気おつけた方が良い。と思った。

「ユーモア」を「ユーモア」で返さないと、馬鹿にされる。

なにしろ、コンドームのことをパリサーと呼ばせて、放置している国である。

フランス語も話せない政治家が、日本語でフランスに文句を言って通じるわけがない。
フランス人の99.9999999%は、日本語が判らない。

それに、フランスの風刺の週刊誌が100%間違っていると言うことではない。
何となく、感じていたはずである。

もし、2020年夏季オリンピック、東京開催決定現場に、石原慎太郎が都知事として出席していたら---いや、石原慎太郎が都知事だったら、東京開催決定はなかったかもしれない。

石原東京知事は、コペンハーゲンのIOCに会議でブラジルの大統領ルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバ(Brazilian President Luiz Inacio Lula da Silva)がアフリカの人々「大胆な約束(daring promises)」をし、フランス大統領ニコラス・サルコジがリオに行き、ブラジルがフランス製の戦闘機を買うなら、支持すると約束し、開催地選考で目に見えない非常に政治的な動きがあった。」
「私は、これらの見込みがどれくらい関連していたかを知らないが、IOC規則に違反しているように思える。」と日曜日に記者会見で言った。

このニュースは世界中で大きな話題になっている。

どうも石原慎太郎東京知事は、国際感覚が欠落しているようだ。
このようなことを言うと国際的にどのような問題になるかを考えた発言とは信じがたい。

石原慎太郎東京知事は、今後数10年間、日本にオリンピックが来る可能性まで消したと言えると書いたが、石原慎太郎東京知事がセックススキャンダル党に移籍したおかげだったのかもしれない。
猪瀬東京知事は、全く表に出ないで、世界経済に景況を与えている安倍晋三総理のアベノミクスのおかげであったとも言える。
2009年のときに、日本から行っていたのは、国際感覚が欠落している石原慎太郎と、脱税をしていた鳩山由紀夫であった。
一方、ブラジルは、ブラジル経済を立て直したルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバ(Luiz Inácio Lula da Silva)と、サッカーのペレであった。

このままでは、国際感覚がない菅義偉と猪瀬東京知事は2020年のオリンピックには消えていることだろう。

2013-09-12---フランスの福島とオリンピック風刺マンガで、日本の怒り爆発!
2013-09-10---日本の経済成長データは、より高く改訂された。
2013-09-10---三越銀座店が、毎日売り上げ目標達成音楽!
2013-09-09---日本のNikkei 225 indexは、2.48%アップ。
2013-09-07---2020年夏季オリンピック、東京開催決定。
2013-09-06---レスリングはどのようにオリンピックに返り咲いたか?
2013-09-03---福島の放射能汚染水漏れで、「氷壁」のためにUS$4億7000万を誓約。
2013-08-21---福島、原発放射能漏れ問題Q&A。
2013-07-09---堅実な「3コウ消費」 が伸びている。
2013-07-01---日本の景況感は肯定的。
2013-06-19---安倍首相がイギリスで自らを「高橋是清」に例えた。
2013-02-18---G20ステートメントで、円安の希望に火を付け、日本の株価は上昇。
2013-02-12---2020年のオリンピック大会から、レスリングが落ちた。
2012-04-17---石原慎太郎東京都知事の思いつき発言に日本政府困惑!
2012-02-29---イケアは「スタッフの秘密ファイルで、フランスの警察にお金を払った。」
2011-07-16---石原慎太郎東京都知事が、2020年夏季五輪立候補を宣言!
2011-07-14---石原慎太郎、原発が必要で、核兵器持つべし!
2011-04-10---石原都知事は、災害対策より、2020年のオリンピック!?
2011-04-09---日本は、破損した原子力発電所の使用をたった10年間だけ停止!?
2011-04-04---世界中の高層ビル、日の丸で日本を励ます!
2011-04-02---災害時の「国賊会社」判明!
2011-03-29---チェルノブイリの大事故から25周年、その立ち入り禁止区域に住む人達!
2011-03-24---石原慎太郎の呆け発覚!都知事失格!
2011-03-15---石原慎太郎都知事「天罰」発言撤回し、謝罪!
2011-03-15---悲劇の中、世界各地から集まる日本への称賛、祈りと支援、連帯!
2011-03-12---日経新聞、災害状況などの記事に関して無料公開!
2010-11-03---ジャーナリストをスパイさせたフランス大統領サルコジを起訴!
2009-10-11---広島市と長崎市が2020年オリンピック招致すると発表。
2009-10-06---リオ委員会が、石原慎太郎都知事を起訴!
2009-10-02---リオデジャネイロが、2016年オリンピック開催国に決まった。
2006-12-06---フランス24(The France 24)ニュースチャンネルが始まった。
2006-06-20---石原慎太郎知事が考える東京は、世界の先進都市ではなかった!?
2006-03-16---フランスの放送局、フランス語での放送は4時間未満。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。